ブログトップ

ヤマノアヤコの『ロマンティック・アンティック・エキゾティックワールド』

∴*.。'.*。◆天邪鬼≒アヤコジャクの世界へご案内◆∴*.。'.*。


by Ayako-ko
画像一覧

一人旅なら2



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜



★お知らせ

相変わらず原因不明のトラブルで、

字の大きさや太さやフォントがバラバラで読みづらくて申し訳ありませんがご了承ください



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜


ずいぶん間が空きましたが前回の続きです。



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜



二日目は昔の旅行コースと同様に8:30に東大寺へ。

予想通りお寺は開いているけど観光客はまばら。

お寺拝観を楽しむなら朝に限ります104.png


f0099367_11143376.jpg


f0099367_11143223.jpg


目の前の大仏殿は後にしてこの時間はやはり木漏れ日いっぱいの横道を上り二月堂の見晴らし台で朝一番の清々しい奈良の町を眺めに行く。





↑東大寺のてっぺんが見えます



20年前はココで静かにオニギリを食べる至福の朝食をしていたけれど(スイマセン!)、今回からは道すがら軽食を食べながら行きました。



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜



そして法華堂(三月堂)で大好きな不空羂索観音や帝釈天などを拝観。

朝だと貸切でお寺の方も壁の向こう側なので異世界に一人きりで浸れます。

コチラは仏像群が大きくて近距離なので圧倒的。

とても贅沢な時間です。

現在は東大寺ミュージアムが出来てコチラにおわした日光・月光菩薩や他の仏像も幾つかソチラに行かれてしまいました(常設なのかは不明ですが私が観た時はそうでした)。

かし20年前の朝早い時間に一人貸切で拝観していた時、お寺の係の方がゆるゆる説明に来て下さり日光さんと月光さんの衣装が日本式・中国式で違うことや御本尊の不空羂索観音様が天平時代の脱乾漆造であることなどを説明して下さったのも良い思い出。

そう言えばたまたま裏手に奉納されている年に一度の秘仏の金剛力士像を拝観出来たのも嬉しかったなぁ。



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜




いざ大仏殿へ。


f0099367_11143396.jpg


既に社会科見学の小学生や海外からの団体観光客もいるけどまだゆったり自由に拝観できる。

今回驚いたのは建立と再建の説明書き。

羅漢様たちが雲に乗り現れてナント大工仕事をしてくれたそうです!


f0099367_11065961.jpg

f0099367_11143216.jpg


度重なる天災で倒壊後に鎌倉時代と江戸時代に再建され仏像群修復時の出し入れの大変さが伝わります。


f0099367_11143275.jpg

↑こちらは平成に修理された南大門仁王像


そして大仏様の裏側には各地の少年刑務所などで造られた新旧の大仏殿がミニチュアで奉納されていて思わずホレボレしてしまいます。



f0099367_10240348.jpg
↑江戸期再建時の模型


f0099367_10240452.jpg
↑鎌倉期再建時の模型


f0099367_11143249.jpg

↑こちらは創建当時の模型、なんと東西に七重塔!


数々の貴重な仏品を眺めながら大混雑を避け若草山のふもとの広場で休憩。

鹿鹿鹿と新緑新緑新緑。


f0099367_11141967.jpg


f0099367_10240498.jpg


〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜



そろそろ混んできたし、リフレッシュ出来たので若草山を足の向くまま進み空腹になってきたので峠の茶屋でガッツリ栄養補給。

f0099367_11141999.jpg



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜




有名な春日大社を過ぎて新薬師寺を拝観。



f0099367_10240414.jpg


コチラは有名で由緒正しいのに広すぎず荘厳すぎず入りやすい。

本堂の床が土間で涼しかった印象がある。

そしてなんと言っても十二神将様が有名。

凍える季節に緋毛氈の上で美味しい湯豆腐を食べた場所や特別拝観のあったおたま地蔵様は今は見られないみたい。



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜





f0099367_10240576.jpg



奈良らしい町並みを見ながら駅方面に向かっていると中学生グループより道を尋ねられ応答したら後ろ姿の自分に大声で「優しい人だ!」と言われ少し気恥ずかしかった。



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜




道すがら宣伝ポスターが良かった興福寺へ。

でも相変わらず激混みだしポスター程のお得感は私は感じませんでした。

眺めはかなり良い。



f0099367_10240577.jpg


f0099367_10240524.jpg



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜




その後は時間の許す限り再びならまちを散策。




f0099367_10360365.jpg


余談というか...近鉄奈良駅は新幹線が止まらないせいか駅弁屋さんが無いので(柿の葉寿司のみ)、京都駅で奈良の駅弁を購入、帰途につきます。



f0099367_10360278.jpg



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜




旅の後も広範囲で色々気になり平城宮の歴史とか各寺との関係性とか方位とか調べてました。

15年前は全く興味なかったなぁ。

平城宮の一番東西にそれぞれ東大寺・西大寺を持って来て前の平安京から興福寺・元興寺を連れて平城宮に移ったとか。

特に図書館で借りたこの本が面白い。



f0099367_10240471.jpg


中から抜粋


…奈良公園の中の明治時代からある料亭の江戸三を常宿にしていたある文豪が公園の鹿がシツコイと杖で打ったりしたらしい(文豪自身の随筆より)。


…奈良では少し掘れば遺跡が発掘されるのは珍しくなく、ある時デパート建設予定の為に土地を掘っていたら沢山の木片が出て来て処分しようとした時にたまたま居合わせた調査員が「待った」をかけ調べてみたらナントあの長屋王の伝票木簡という歴史的重要木簡だったそうです。



f0099367_10240420.jpg


↑上記本書より




文豪の話は今なら保護団体からクレームの嵐だろうし、

長屋王のくだりなどを読んでいると自分が歩いている足元さえも古代の何かと通じているんだなぁなどと感じ入ってしまい挙動不審人物になってしまいます。



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜



長野帰省時に行った博物館で古代史に興味を持って今また奈良旅で古代史にワクワクしてます。




f0099367_10240444.jpg


〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜



去年の奈良一人旅のお話はココまで。

次回は目先を変えて日々の実験家事雑事を予定中。

またのご訪問をお待ちしていまーす179.png



〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜・*・〜〜〜〜〜




[PR]
by Ayako-ko | 2018-07-31 11:35 | おでかけ