退院と自宅静養、入院中のことなど

ご無沙汰しておりました。
前回のブログ更新より早くも二ヶ月近くが過ぎ、年越しも終え新年もかなり過ぎてしまいました。


・:*。〜 皆様寒中お見舞い申し上げます。一年で最も寒い時期なので風邪などひかぬよう、どなた様もご自愛下さいませ。〜・:*。


前回ブログで予想していた通り、現在は退院して自宅静養中です。
まずはココに至るまでの経緯を簡単に残しておきたいと思います。


実は前回のブログで「経過順調」と書いた数日後に手術箇所に激痛が起き、入れてる排液用チューブからも多量の血液が排出されてしまい、何度か輸血と止血剤の点滴治療も行われ五日間の絶対安静が命じられたのでした。
そこから連日CT確認し安静解除の後に再度出血が進まなければ退院と言われました。
しかし出血はしてないものの、なかなか残血がなくならなかったので通常なら術後一週間で外される傷口の排液用チューブを私は三週間付けることに…。
自分の予定より長引いたので最終週は個室から団体部屋に移動しました。部屋の皆さんも良い雰囲気だったし、窓際ベッドだったので毎朝日の出を浴びて活力を貰っていました。


f0099367_15175889.jpg




そして最終CT確認により退院許可が下りたのはX'masイブ。
窓の外にはイルミネーションも飾られている時期になっていました。



f0099367_15182342.jpg




退院の数日前に病棟の看護師さん達によるサプライズイベントもありました。
X'masイベント始まりの放送が流れ全病室が一時消灯され、キャンドルを手にした看護師さん達がクリスマスソングを歌いながら病室内の患者さん一人一人にプレゼントを配ってくれました。




f0099367_15181959.jpg




入院という娯楽のない生活の中で、患者さん達は皆さんとても素直に楽しんで喜んでいたので私もナンダカほっこり楽しむ事ができました。
いただいたプレゼントは予想より立派な品で、ほんとサプライズでした。



という訳でトータル約六週間の入院生活でした。
退院してすぐX'masと年末年始だったので世間のスピードに付いて行く事が最初はできませんでした。
帰宅したら旦那マネージャーがお祝いメッセージを掲げていてくれました↓



f0099367_15171539.jpg
*歴代の二人の飼い猫が「お・か・え・り」と迎えてくれています*
お祝いに花束をと思ってくれたらしいけど衛生面で今の私にはNGと言う事で、お手製サプライズしてくれました。
本当にどうもありがとう、旦那マネージャー!!
長い事一人暮らしさせて、アッシーやパシリにして、全面的に支援してくれて、本当に素晴らしい旦那様です。最近はワタシの守護神という意味を込めて、お釈迦様と呼んでおります。




f0099367_15172176.jpg





↑コチラは今年のお正月。
買い出しに行く事が出来ないので生協宅配と、旦那マネージャーご実家から送っていただいた保存食(ありがとうございました!助かりました!)や、ワタシの実家から貰った野菜や煮物などで必要最低限にお祝いしました(作ったおせちはリンゴきんとんとラディッシュ甘酢漬けくらい)。今年はお正月飾り用の緑や花も無いとてもシンプルなお正月になってしまった。






さて、退院はしましたが細かく厳しい自己管理と感染予防生活の毎日です。手術後の数ヶ月間が服用薬の影響が一番出るため、今のワタシは普段なら何でもない雑菌でも一大事になってしまうのです。
なので朝起きてから夜寝るまで常に自分の体調管理記録をつけています。体温・血圧・体重・飲食物&量・トイレの回数&量・etc...退院して一月初め頃までは神経症的に強迫観念的に記録内容ばかり気にしていましたが、ようやく今は心に余裕が見えてきました(それで、こうしてブログアップする気にもなった)。
それでも少なくとも術後三ヶ月は何か起こりうると先生や看護師さんから脅されているので気は引き締めておかねばなりません。
今のところ外出は週一回の外来日のみ、後は家で大人しくしています。




f0099367_15310273.jpg


次回もしブログアップ出来るとしたら、入院中に私の不安を和らげてくれたグッズを少しご紹介したいと思います。外的出来事との接触が無いため内的要素の強いブログ内容が続きますが、もし覗いて頂けたら幸いです。ではまた。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

[PR]

by Ayako-ko | 2015-01-25 16:53 | その他 | Comments(0)