サヨナラとコンニチハ

8月の初め頃、実家のワンちゃんサクラが永眠しました。
f0099367_23332671.jpg

(↑手作りニットのチョッキを着せられたサクちゃん)



やさしいワンちゃんで古参ニャンコのマグロ(真黒)とも仲良くやってくれていました。
(↓庭に遊びに来てたニャンコとサクラとマグロのビミョーな距離感)
f0099367_23334823.jpg

f0099367_23352122.jpg


15年の人生。人間だと80歳前くらい。最後は闘病生活だったけどよく頑張ってくれました。
            〜今までありがとう。どうぞゆっくり安らかに眠って下さい〜


。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*

そして先日。
実家に顔を出したら小さいプクプクおまんじゅうが2匹いました。

f0099367_15254338.jpg

f0099367_15263182.jpg


実家に住む二人の姪達が淋しくてつい貰って来ちゃった兄妹ワンチャンです。
初顔合わせで20歳ニャンコのマグロ↓に
f0099367_23361867.jpg

早速威嚇の洗礼を受けたらしいけど、なんだか見た目も性格もサクラに似てるみたいだから上手くやっていけるかな?
新しい命がやってきて、また新たな物語が始まります*



。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*


次回は長野帰省のお話し。長野のお家ニャンコトム子ちゃんも登場です!

f0099367_15293435.jpg

。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*。:*:。・*
[PR]

by Ayako-ko | 2013-09-30 15:32 | ねこ | Comments(0)

黒い森の奥底のメルヘン

図書館で借りて来た本「エプロンおじさん」

f0099367_10584114.jpg

著者は別の方(女性)ですが、料理研究家の牧野哲大さんの半生を料理と共に綴った本です。
f0099367_112239.jpg



牧野氏は、戦後日本女性達の美文化の代名詞とも言えるアノ中原淳一に見出され料理の道に進んだ日本初の男性料理研究家で西洋文化に詳しく人形製作もされているそうです。

たまたまNHKの料理番組再放送で、物語の世界をテーブルコーディネートしていた牧野氏を見たワタシ。
その料理と食器の使い方の艶やかさとメルヘンチックさを見て即ファンになりました。
f0099367_23355150.jpg

f0099367_23352675.jpg

(※以上写真全て上記著書より抜粋)

物腰のやわらかい態度に反してそのおもてなし料理に対するプロ意識の強さに(ただ者じゃないな)
と当時思ったワタシですが、今回中原淳一さんの名前が出て来て合点しました。


〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*


話しは少し変わって、先日ワタシの敬愛する作家のまつくらくみさん、さかうえだいすけさんのお二人が参加されてるグループ展に行って来ました。

f0099367_11125593.jpg


場所はワタシも6月にお世話になった銀座のミレージャギャラリーさんです。
『夏のおもいで 〜秋のおとずれ』というグループ展タイトルにピッタリの色合いで、ほっこり和み系の作品が多かったです^_^


まつくらさんの作品は元気でお茶目な雰囲気の動物がいっぱいいて見てるワタシまで元気をもらえる感じでした。ご本人もパワフルでいつも頼りになるお姉さまですアリガトーゴザイマスm(_ _)m

f0099367_17313460.jpg

(まつくらさんの作品紹介のチラシをいただいてきました*)



そして思わず里親を申し出た、さかうえさんの陶芸作品⬇
f0099367_1734279.jpg

掌にチョコンと乗るくらい小さなニャンコ2匹。
しかも白黒ニャンコの背中はハートマークという可愛いさ。
f0099367_17362110.jpg


お二方を含めグループ展の皆さん全員バリバリにプロフェッショナルなアート作品のお仕事をされてる方々なんですが、ペーペーのワタシにも優しく接して下さって作品同様ぬくもりある楽しいグループ展でした。


〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*


料理家牧野氏やイラストレーターのまつくらさんやさかうえさんのように、柔らかくて暖かい作風はワタシは持ち合わせていないけど自分の根底にはメルヘンな世界が横たわっているので、御三人の作品を垣間見る事が出来るのはとっても嬉しいです!
ただ、ワタシのメルヘンの世界の周りには鬱蒼とした森や奇妙珍妙な生き物達が潜んでるようですが。。。
[PR]

by ayako-ko | 2013-09-26 23:47 | その他 | Comments(0)

シブジミ都内巡りパート2

渋くて地味な都内散策パート2です。

実は上野の国立科学博物館にダイオウイカを見に行ったんですが、まだまだ混雑していたので、空いている常設展辺りを流し見て(シアター360と鉱石特別展がGOOD!)、谷中方面へと裏路地散歩。

今どき珍しい垣根の垣根の曲がり角⬇
f0099367_18212455.jpg


レトロなお店と樹齢百年近いヒマラヤ杉⬇
f0099367_18233316.jpg



お昼は行き当たりばったりで入った若い板前さん一人でやってる小さな和食処で、二品のみのランチメニューの日替りの魚定食とちらし寿司をそれぞれ夫婦二人食べたんですが、実直丁寧で美味な当たりランチとなりました。


ホンノリと幸せな気分になって根津神社に立ち寄り、

f0099367_18254338.jpg



森鷗外住居跡を通りながら(現在はバリバリの観光ホテルになってるんですね)、



f0099367_1828029.jpg




今度は上野の不忍池へ。
花の見頃は終わってましたが池の蓮がダイナミックで綺麗でした。

蓮の向こうに弁天堂⬇
f0099367_18301033.jpg


f0099367_1831760.jpg



その後近くにある下町風俗資料館を見物。
ココが地味に見どころいっぱいでお触りOKもいっぱいで楽しめました。オススメです^_^



昔の井戸⬇
f0099367_18365318.jpg


昔のお風呂屋さん⬇
f0099367_18373425.jpg

昔のカフェ⬇
f0099367_1838679.jpg


昔の民家⬇

f0099367_18472899.jpg


f0099367_1847962.jpg


暑いなか歩き疲れたのでアンミツを食べて懐かしの昭和的デートは終了、現在へと帰途につく私たちでした。

f0099367_19263089.jpg

(老舗の甘味店みはしのあんずアンミツ)
[PR]

by ayako-ko | 2013-09-18 19:36 | Comments(0)

初恋と銀の盃

『お出かけレポートNo.2』を書こうと思ったんですが、その前にささやかな良いことがあったので。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


<その1>
当たりの映画を見ました。

f0099367_23252741.jpg


旦那マネージャーがフラリと試しにレンタルしてきたDVDで、題名は「Moonrise Kingdom」。日本では2013年2月に公開されたそうです。

あらすじ...1960年代のニューイングランド島。周りの友人や家族との間に壁を感じる孤独な男の子と女の子が二人の初恋を成就させる為に逃避行を企てる。男の子はボーイスカウトのキャンプ中だったので脱走か?おまけに少女誘拐か?などなど小さな町の住人達を巻き込んで大騒動に...。


少年少女はこの映画で初主演の初々しい二人でしたが脇役陣がすこぶる豪華です。
保安官警部(ブルース・ウィリス)
ボーイスカウトの隊長(エドワード・ノートン)
少女の両親(ビル・マーレイ&フランシス・マクドーマンド)
児童福祉役員(ティルダ・スウィントン)

↑誰もが主役を張れる超一流俳優ばかりなのに全然勿体ぶらずにフツーに演技している所もイイ。
特に頼りない隊長を演じていたエドワード・ノートンに関しては、この作品を見る前に『幻影師アイゼンハイム』
f0099367_23245529.jpg

でミステリアスで素敵な男性として描かれていたので愕然としました。
後はワタシの好みの女優さんの『ナルニア国物語』で白の魔女を演じたティルダ・スウィントンがチョロっと出ていたのも嬉しい演出でした。

出演者もさることながら風景・建物・色彩なども懐かしい感じでキュンとします。
内容も、所々はリアルなのに全体としてはファンタジックでもあり見終わった後はナンダカ温かい気持ちになります。

毎日が忙しすぎる人や最近ワクワクが足りないという人にオススメです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


<その2>
百歳のお祝い事がありました。

f0099367_1841319.jpg

先日白寿のお祝いをした祖母フクちゃんが数えで百歳ということで、市長さんがお祝いに訪問してくれることに。
当日はスケジュールの関係からか副市長さんがいらしたそうですが、総理大臣からの賞状と市長直筆色紙と銀の盃が授与されたそうです。
記念撮影もしてもらって来月の広報誌に掲載されるとか。

銀の盃を持ったとっても嬉しそうなフクちゃん↓
f0099367_0251913.jpg

百歳の後は108才=「茶寿(ちゃじゅ)」、111才=「「皇寿(こうじゅ)」、112才=「珍寿(ちんじゅ)」、118才=「天寿(てんじゅ)」、120才になると還暦を2周で「大還暦(だいかんれき)」と言うらしい。
目指せフクちゃん大還暦!


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]

by ayako-ko | 2013-09-17 00:30 | その他 | Comments(0)

シブジミ都内巡りパート1

夏休みの無かった私たちですが、ボチボチ休みが揃ってきたので久しぶりに都内散策してきました。
先ずは旦那マネージャーオススメの十条へ。
ランチに選んだのは「ダイニング街なか」の自然派ごはん。
栄養学や地産地消や福祉・子育て・地域支援などイロイロ考えられたお店だけど、とっても入りやすいし、居心地も良い。そして何より一つ一つがとても美味しい♪
f0099367_19204430.jpg

フェアトレード商品や各支援イベントなどもあるようなのでチラシやパンフをいっぱい貰ってみた。

十条商店街は安くて新鮮な八百屋さんや美味しそうなお惣菜のお店がたくさんあってパワフルで楽しい^_^
でもまだ旅は始まったばかりなので全部スルーして、ちょうど来た池袋行きのバスに乗り込む。
近くても知らない生活空間や馴染みないバス景色にドキワクしながらサンシャインで下車。
完全なる行き当たりばったり。

水族館もプラネタリウムも混んでいたのでサンシャイン奥の奥の上の方にある古代オリエント博物館の夏の特別展「発掘・ユーフラテス」を見る。
あのハンムラビ法典のレプリカがあったり、出土品の中には動物を象った小さなスタンプの数々やテルマエロマエで有名なハドリアヌス帝のコインの実物!があったり興味深いものばかり。しかも空いてる。
チャレンジコーナーみたいのもあって、発掘品を一輪車で運んでみたりバラバラの土器復元してみたり、コレも楽しめました^_^

そして。
民俗衣裳体験もしてみましたよ!
f0099367_22393962.jpg

もうすぐ結婚記念日だし思い出になりました*無料で試着OKなのでアナタもイカガですか?

お土産にミュージアムショップで関連本とファラオのお面を買いました(ファラオのお面は仕事場に持って行って遊ぶ予定)。
f0099367_22591752.jpg




f0099367_1944123.jpg


f0099367_19444381.jpg


シブジミ都内巡り、まだあるので次回パート2でご案内しま〜す★
[PR]

by ayako-ko | 2013-09-13 23:06 | おでかけ | Comments(0)

たべものつつむ

お久しぶりです。
ブログ更新が悉く滞っておりますが健やかに過ごしておりますのでご安心を。


。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*・・。


さてまたまた食べ物のはなし。今回は『包む』がテーマです。
冬はアツアツに作った料理を冷める前に食べてもらいたいけど、夏は料理が冷める心配があまりないのでテーブルで各自がひと手間ふた手間しながら食べるのが意外と向いてると思います。
品数が多くてもあらかじめ用意しておけるので、そんなに手間じゃないところも作り手にとってはラクチンポイント。



         *。・・・・。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。



<朝クレープ>
f0099367_1356288.jpg

・チョコクレープ
・フルーツ(パイン、みかん、キウイ、バナナ)
・無糖ヨーグルト
・ホイップクリームタイプのバタースプレッド
・ゆで卵、マヨネーズ
・コ−ンフレークス&牛乳(旦那マネージャーのみ)

一年くらい前の写真ですが。。。
仕事場Yちゃんが市販品のチョコクレープまるまる1袋くれたので(アリガトー♪)、家にあるもので休日にお楽しみクレープパーティーしてみました。
ちょっとずつ色々試せるようにクレープは半分のサイズに切りました。
クレープは市販品ですが自作だとアレモコレも入れる豪華クレープも出来るし何だか楽しいんですよね。
Yちゃん遅ればせながらご馳走様でした〜!



         *。・・・・。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。



<手巻き生春巻き>
f0099367_13562141.jpg

・雑穀米/生春巻き皮/青魚さしみ
・レタス、ゴボウマヨサラダ、トリから揚げ、レモン
・茹で野菜(ハス、さつまいも、ブロッコリー)
・myチリソース
・酢の物(生ワカメ、たこ、トマト)
・さらさらコーンポタージュ(牛乳で薄めた)

統一感が全く無い献立。。。
生春巻き皮もちょっとずつ色々試せるように半分のサイズに切ってあります。
食べる直前に各自の手元にある水の入った深皿に生春巻き皮を浸して具材を乗せ包んで食します。
データエラーで写真ありませんが、グリル焼きのカリカリ鳥と茹で野菜、もやしナムル&レタス、トマト甘酢漬けにタレ4種(玉ねぎベース、マヨネーズベース、味噌ベース、醤油ベース)なんてバージョンもやりました。
手巻き生春巻きこそ、アツアツの具材だとベロベロになって包むのが向かないので熱帯夜などに各自ゆるゆる作るのがオススメです。




         *。・・・・。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。



<ザクロずし>
f0099367_13544872.jpg

ワタシだけ出勤の日にありもので作ったお弁当。
ザクロずしは白米・炒り卵・桜でんぶ・のりを重ねて丸めただけ。でもコレは邪道パターンで本当は薄焼き卵を作り、ノリの間から控えめに中身が覗くのが正解デス↓。
f0099367_15185660.jpg

実家のハハのおべんとう十八番で、運動会や遠足の時よく作ってもらいました。今思い返すと味云々よりも、見た目の珍しさと可愛い感じが女の子のお弁当向きだったんではないかと思います。



。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*。・・・・。:*・・。
[PR]

by Ayako-ko | 2013-09-11 15:35 | たべもの | Comments(0)