信長からharukiまで

余計な出費は控えたいし時間もあるので、以前よりもマメに長い時間掛けて図書館利用してます。
じっくり見て回ると、今まで見えてなかった読み物と沢山出会えるのがココノトコロの楽しみデス。



[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]



せっかくだから苦手項目にも食指を伸ばしてみようという事でコチラ↓。
池波正太郎著『信長と秀吉と家康』
f0099367_176337.jpg

戦国武将については名前くらいしか知識の無い恥ずかしいワタシなので、ドラマ仕立ての内容なら親しめるかもとこの本を選択してみました。因みに池波正太郎作品を読むのも初めて。
歴史書ではないので驚くほど読み易く、ホントに入門編と言う感じで浅いながらも広い内容でした。よく言われている池波正太郎作品独特の、登場人物の人間性も垣間見えました。


戦国時代の一応の流れは掴んだものの、主要メンバー以外の人物像にはまだ疎いので今度は一人一人について概要を知るためコチラを借りました。
日本の歴史資料本↓。小学生用ですエヘ。
f0099367_1771243.jpg

なんせ小学生用なので、アッサリザックリです。
でもワタシの好きな仏像世界にも歴史の余波は現代でも残っていて、歴史を知って初めてキチンと理解出来たケースも多く見られました。
例えば西日本で未だに太閤様信仰が根強い理由や、明智光秀像が謀反を起こした後に黒く塗られて今なおひっそりと奉られていたり、、、また違った目線で仏像鑑賞を楽しめそうです。



[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]



向田和子著『向田邦子の恋文』
f0099367_17541575.jpg

向田邦子さんの妹で和子さんの作品。飛行機事故で突然亡くなられたお姉さんの遺品から出て来た意味深な封筒。姉が30代の頃の恋人の存在を表す手紙類・・・20年近く経ってやっと和子さんは内容を見る事を決心したそうです。
そこには向田邦子さんが20代の頃からカメラマンN氏と道ならぬ恋をしていた事、その後病身になった彼に忙しい身でありながら献身的に尽くしていた事など家族の知らない向田邦子の姿がありました。
当時、向田さんは超売れっ子放送作家、N氏は数年後自ら命を絶ってしまうので束の間の愛に満ちた時間だったようです。向田さんならではの世話好きな様子が逆に切なさを誘う作品。




[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]



niftyポータルwebサイト「ディリーポータルサイトZ」の人気連載を書籍化したべつやく れい著『ココロミくん』
f0099367_1764099.jpg

「チョイト気になったことを試みる」というコンセプトのもと、工芸や手芸や料理、現地レポートなど多岐に渡ってココロミ続けています。
図書館で2巻を借りて面白かったので今回3巻も借りました(全3巻のようで1巻はその図書館にはありませんでした)。
例としては「いろいろな豆で豆大福」をココロミたり、「アルミホイルでティファニーリング」をココロミたり・・・作者の女性は美人なのにやる事なす事ジミ変でオススメな本。


[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]



三谷幸喜・清水ミチコの『むかつく二人』
f0099367_1754443.jpg

ラジオのパーソナリティとして対談しているお二人のやり取りを書籍化した本です。何冊かあるうちの第一冊目。
どちらも正直にもの申す二人だから、のっけから見事に息が合わないw。脚本家とものまねミュージシャンのお二人、さすが言葉や音に敏感でセンスの良さが会話の端々に現れています。



[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]



村上春樹『ひとつ、村上さんでやってみるか』
f0099367_17542050.jpg

正式な題名は『ひとつ、村上さんでやってみるか〜と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』です。長過ぎ。
確か前にも借りたんだけど、何せ490の有象無象の質問だらけでほとんど忘れていたので再読。
難解な質問、マニアックな質問、くだらない質問、身勝手な質問に誠意を持って(ときどき肩すかしもアリ)応えているharukiさんです。
例の原稿流出事件についても質問者が納得するまで丁寧に回答していて、これを読むと「小説家は時として傷や痛みを伴う職業なんだ」と感じます。




[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]



妹尾河童著『河童が覗いたニッポン』
f0099367_1762195.jpg

先に読んだ旦那マネージャーから薦められ読んだのですが、いま我が家で好評絶賛中の本です。
舞台美術を初め多くの分野で活躍されている妹尾河童さんが、興味を示した物、人物、場所などを河童流の俯瞰図や緻密図で余す所無く紹介しています。
主に1980年前後の内容なので現在は変わってしまったものも多いですが、いま読んでも十分に読み応えがあります。内容も著者自身も昔ながらの丁寧な仕事ぶりで圧巻です。



[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]



   他にも幾つか読書中ですが、長くなるので割愛。



[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]



次回ブログは見た事も食べた事もない郷土料理を勝手に再現してみたりetc・・・の実験料理シリーズです。
f0099367_1756295.jpg

速アップか遅アップかどうなることやら?!



[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]



 
[PR]

by Ayako-ko | 2012-02-27 15:03 | その他 | Comments(0)

都内巡って絵や劇など。

お久しぶりです。
仕事は無いのですがヒマだからこそ作品制作を!と言う事でアチコチ目指して絵を描いています。
幾つか発送して一区切りついたので、久々にブログ更新したいと思います。



:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・




お正月の I 家ブリパーティーでお知り合いになった画家の木村彩子さんより展示会のお誘いをいただいたので旦那マネージャーと行って来ました。
f0099367_12103282.jpg

         ※写真はDMと購入した作品冊子

場所は渋谷区神宮前のgallery ni modo(ギャラリー ニ モード)。入り組んだ住宅街で少し迷ったけど、個人宅も兼ねたような素敵なギャラリーです↓。
f0099367_1247185.jpg

冬の日だまりが燦々と降り注ぐ穏やかな空間で作品鑑賞。
今回の展示は、2010年7月〜翌年4月まで読売新聞夕刊で連載していた小説「あかりの湖畔」の挿絵の原画(219枚)との事で大きいサイズではないものの、静物・人物・動物・植物・風景・・・と多種多様な作品で見応えがありました。

『明るい淋しさ』というイメージが残った彼女の作品。初めて風景画を「良い」と思いました。
自然体でありながら存在感もある彼女の作品についてはコチラをドウゾ・・・木村彩子Offical Site



:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・



天気も陽気も良かったのでそのまま裏通りを青山方面に向かってブラブラ散歩。
青山劇場隣りの広場が盛り上がっていたので近付いてみると青空バザールが開催されていました。
f0099367_1295039.jpg

各地の農家や職人が手掛けたロハスな手作り品が並んでいて買いたかったけど、荷物になるので諦めて見て楽しみました。
養蜂家のハチミツとジャム↓
f0099367_1294564.jpg



人ごみを避けて歩いてるうちに神宮球場を過ぎ千駄ヶ谷駅まで来て、日も暮れて来たので電車に乗り込む事に。
歩いてる途中でまた気になるアイツ↓に出くわしました。
f0099367_12251635.jpg

今回で3度目の気になるアイツ・・・どなたの作品なんだろう・・・以前見掛けた気になるアイツ




:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・




別の日、以前の職場仲間6人で『美女と野獣』を観劇に大井町の四季劇場へ行って来ました。
f0099367_1293134.jpg

f0099367_1293680.jpg

アラサーアラフォーの女性団とはいえ、やっぱりロマンティックなおとぎ話は好物で、ああだこうだと言いながらも(←主にワタシですが)、かなり楽しみました*




:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・




ついでに。。。上記とは何ら関係ナイのですが、上野の国立科学博物館のミニ情報です。全く役に立たないと思いますがとりあえずご紹介。

「国立科学博物館」と言えば100頭はいるかも知れない動物剥製の展示コーナーは皆さんご存知でしょうが↓、
f0099367_224437.jpg


海中生物コーナーの、頭上に展示されているイカをご覧下さい↓
f0099367_224566.jpg
魚を捕獲しています!芸が細かい!


あと、細菌から人間までの関わりを表す系統広場にあるキノコの見本は毒々しくもカワイイのでゼヒご一見下さい↓。
f0099367_2235569.jpg

以上、全く無駄な情報(情報と呼べるのか?)でした。。。


:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・


次回ブログは、最近の読書歴について。
f0099367_220187.jpg

今まで見て見ぬフリをしていた世界に分け入っているので、忘れないうちに感想をアップしたいと思います!

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・

[PR]

by Ayako-ko | 2012-02-25 22:53 | おでかけ | Comments(0)

イラスト作品集〜その6〜

ここ数年間のオリジナルイラスト作品をまとめ中です。どんどん増やして行く予定なので気長にご覧下さいませ。(※無断使用・無断転用ご遠慮ください。使用・転用の際はお知らせ願います。)

Aliceシリーズ


1.「Aliceーa」(2010年/アクリル)
f0099367_17375012.jpg


2.「Aliceーb」(2010年/アクリル)
f0099367_1637278.jpg


3.「Aliceマトリョーシカ」(2011年/アクリル)
★木製キットに絵付けをしたオリジナル作品です。

f0099367_17375657.jpg

f0099367_1637332.jpg

[PR]

by Ayako-ko | 2012-02-12 17:46 | 作品集(イラスト) | Comments(0)

結構オススメ地元スポット集

現在の平日は細々とオリジナルイラストを描いたりしています。
今までは仕事していた土日も旦那マネージャーと共に休日しているので、(今まで以上に)まったりと地元散策しています。

スゴイ都会でもなければスゴイ田舎でもなく、大型ショッピングモールもあるけど江戸下町文化も漂うナンダカ中途半端な町、埼玉県K市。
ワタシは生まれも育ちもこの町だし、旦那マネージャーも10年近く居住している埼玉県K市。
地道に歩いてみると、まだまだ地味goodなスポットが隠されていました。

   今回はそんな埼玉県K市周辺にお住まいのアナタに地元情報をお届け♪



 ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪  



まずは以前の仕事場があるSKIPシティにて。
無料招待券を貰っていたので市立科学館の企画展示を鑑賞↓。
f0099367_2334492.jpg

竹や風など身近な自然素材を使って異なった音楽を奏でる体験や、砂鉄を使って音波の模様を見たり・・・単純だけど「なぜなに?ふしぎ!」と楽しめました。
f0099367_2335020.jpg

f0099367_2335695.jpg

あと、ちょうど空いていたので模型コーナーで鉄道も走らせて来ました↓。綺麗にホームに到着出来るかチャレンジして意外に燃えるw。
f0099367_2322529.jpg



そしてプラネタリウムも鑑賞。
f0099367_23151279.jpg

星空を描くのが好きだったと言う画家ゴッホのお話で、実際にゴッホの作品に入り込んで行けるかのような映像が面白かったデス。



         ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪  



お隣の建物の彩の国映像ミュージアムでは企画展の『VISUAL CIRCUS』を見て来ました。
f0099367_2331467.png

参加型アートで、明和電機の楽器を演奏しながらセッション出来るコーナーも↓
f0099367_233858.jpg

             (モデル:旦那マネージャー)
こちらのパフォーマンスは期間限定でYoutubeにアップされるらしい。


 ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪  


K駅東口をブラブラ散策。
お昼を食べに何気なく入った少しくたびれたお店、The Little Snow Cafe
f0099367_23103090.jpg

店内は狭すぎず広すぎず混み過ぎず空き過ぎず、「おふくろさん」ぽい老齢の女性がお一人で切り盛りしてました。
ランチは4種類くらい選べ小鉢も多彩でボリューミーで美味しく、しかも安い(ALL¥800)!
f0099367_233094.jpg

             (写真はポークジンジャーランチ)
まるで知り合いのおばさん家でゴハンご馳走になってるみたいなホッコリ和み系のカフェです。
夜はPubになり、時折飼い猫ちゃんが姿を見せるらしいので次回は夜に潜入してみようと思案中☆


 ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪  


K駅東口から少し歩いた商店街の脇道に最近出来たお店雑貨店シダー
f0099367_14325363.jpg

K市にしては割と貴重な滋味深い雑貨屋さんで、木製の小物やおもちゃ、猫雑貨やインテリア、キッチンなどのかわいいナチュラル雑貨が店主のこだわりと共に集められています。
猫グッズも豊富だし雑貨も一工夫ある物が多くて目移りしますが、今回ワタシが購入したのはコチラ↓
f0099367_1458943.jpg

エコブロックとアロマスプレーです。
エコブロックは衣類用の防虫剤、アロマスプレーは部屋の消臭やリフレッシュに使えます。
両方とも天然のくすのきを使っているので、森にいるような自然な木の香り。ワタシは勝手にエコブロックを1本お風呂でお湯に入れていますが、檜湯みたいで好評デス(我が家は問題ありませんでしたが敏感肌の人には?です)。


 ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪  


大トリはK市のお隣のW市にある私設美術館、河鍋暁斎記念美術館
西K駅から徒歩20分くらいの閑静な住宅街にあります。

f0099367_2324585.jpg

f0099367_2323645.jpg


幕末・明治期の天才絵師、河鍋暁斎は浮世絵から狩野派、また戯画や風刺画まで幅広い才能で民衆を魅了したものの、明治維新の文明開化の名の下で「よろしくないもの」とされ近年まで美術史から遠ざけられていたそうです。それを嘆き彼の才能を再評価してほしいと、河鍋暁斎のお孫さんが自宅を改装して記念館にしています。

彼の作品は日本画にありがちな「さっぱり・平面的」とは対局で、派手さや重厚感に溢れていて時に狂気さえ感じる刺激的な画風は、当時から海外でも人気だったというのも頷けます。
美術館自体も彼の作品を大切に丁寧に扱っていて、数ヶ月毎にテーマ別に展示された作品群は多種多様に渡り、小品が多いながらも迫力や魅力に満ち満ちています。

ショップもグッズが充実しており、特集雑誌を始め色々購入して来ました↓。
f0099367_15575865.jpg

実は旦那マネージャーのご先祖様と河鍋暁斎ご本人が交流があったという事実が発覚(年譜に記載されていた!)するというサプライズなオマケもありました。




こんな近くにこんな凄い絵師とそのお孫さんが守る素敵な私設美術館がある事に驚き、まだまだ近所も捨てたもんじゃない!・・・と思ったワタシなのでした。


 ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪  
[PR]

by Ayako-ko | 2012-02-06 23:10 | おでかけ | Comments(0)