たべもの・マンガなど

貰い物の立派なシイタケを、食べ切れなかったので干しシイタケにしました。
後は初夏の定番手作りの『甘酢しょうが』
意外と友人知人よりレシピを尋ねられるので改めて簡単にご紹介↓。
f0099367_2039412.gif

1.新ショウガをスライサーで切り、清潔な耐熱ビンの中へ(※包丁の背でコソげると新皮が上手く剥ける)
2.1に砂糖、お酢を入れる(※砂糖はお好み※お酢はビン半分くらい)
3.電子レンヂへ入れ600wで2〜3分(※液が沸騰しビンも煮沸出来たカンジ)
4.熱いうちにフタをし、逆さまにして冷ます(※ヤケドにご注意※液が少なくても徐々に水分が出て満たされる)

後は冷蔵庫で保存して、食べるときは清潔な箸を使えば1ヶ月位は大丈夫。染み出た甘酢液は、酢の物や寿司酢としても使えます。
因みに写真中央にある白い物体は最近の定番、ビニール袋で作る『ヨーグルト漬け』
以前は味噌を混ぜたりしてましたが、今はシンプルにヨーグルト・塩・コンブのみ。
最初はヨーグルト臭いですが、数日経つと乳酸菌の力でヌカ漬け風になります。ヌカ漬け代用としてオススメ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


田舎暮らしや手作りの食品に興味はありますが、思ってるよりヘビーなんだろうな〜と思ったのは『リトルフォレスト』というこのマンガ。
f0099367_2042027.gif
f0099367_2042254.gif

内容は〜〜都会に一度出て行った若い女の子が、また自分の生まれ故郷に帰って来てほとんど自給自足で悩みながらも逞しく生きて行く〜〜というカンジのお話。
作者自身も、都会暮らしから東北の田舎暮らしに移行した若い男性で、ケータイ電話の無い暮らしらしいから、マンガの内容の大部分はご本人の体験談だと思われる。
ジャムやパン、餅や米などはモチロン手作りで、ウスターソースや鴨肉の解体までマンガの中で行われていて自給自足のメリットデメリットが垣間見えます。もう手元に本がないのでウロ覚えですが、作中に主人公がこんな事を思ってました。“都会では知識や情報通を自慢している人がいるが、実際に見たり触ったり体験する事が自分はホンモノだと思う。
・・・マニュアル本やガイド本、流行に左右されてる都会人と、季節を感じながら試行錯誤して自然の恵みと恐さを体感している田舎の人、アナタはどちらの言葉がリアルだと思いますか?




もう一つの本はガラッと脱力系。でもお勉強系。
五月女ケイ子の『レッツ!!古事記』です。
f0099367_2044248.gif

古事記。興味はあって何度か挑戦したんですが、途中でチンプンカンプン?!だったり、読了しても覚えてなかったり。
でもコレはマンガで五月女ケイ子流にアレンジされていて、すごく分かりやすい。しかもそのアレンジが罰当たりなほど面白い。
伊邪那岐神(イザナキ)を追ってくる黄泉の国の使いの黄泉醜女(ヨモツシコメ)はパンチパーマの浪速のオバちゃんだし、
大国主神(オオクニヌシ)は『オオちゃん♪』、須勢理昆賣(スセリビメ)は『セリー♪』と呼び合うラブラブカップルとして描かれています。
※写真は天照大御神(アマテラスオオミカミ)と建速須佐之男命(タケハヤスサノヲノミコト)の登場場面
f0099367_20432482.gif
f0099367_20434347.gif

非常に大雑把で、後の方の神武天皇誕生ストーリーに行くに従ってパワーダウンしている感もありますが、予習&制作に3年かかったそうです。
そして五月女ケイ子さんはあとがきにこう書いています。「簡単にするというのは、難しくすることより難しい仕事でした。」
オフザケかと思うほど面白可笑しく、分かりやすく書かれた今までに無い古事記です。
って言うかホント、
『レッツ!!古事記』♪でした。
[PR]

by ayako-ko | 2009-05-27 15:25 | その他 | Comments(0)

ゆるネタ集

★その1.
前から気になっていたお店があります。
f0099367_163397.jpg

『らあめん と コーヒー』です。
『部屋とYシャツと私』みたいなこと?!
あっ!中華スープの油っこさをコーヒーで洗い流すのか、黒ウーロン茶みたいに。
・・・入る勇気はありませんでした。


★その2.
上記のお店に近いところで主張するプランターを発見↓
f0099367_1633698.jpg

私が “単に斎藤さんて家の私物だよ”と話しても旦那マネージャーは、
『さいとう』に訴えているんだよ!”と言って譲りません。
因みにコチラのさいとう(by吉田戦車)→
f0099367_1655367.jpg

だそうです。





★その3.
愛猫マグロを年に一度の予防接種に連れて行く為、先日実家に行って来ました。
診察室に入り、まずは先生が検診をしようとしましたが、すぐに聴診器を外して苦笑い。
「何かありましたか?」不安がって尋ねると、
「ノドがグルグル言ってて心臓の音が聞こえないねぇ。」ですって。
そうです、マグロは嬉しがっていたのです。
予防注射も自らオシリを差し出してたし。ヘンナコ。
帰宅後の入眠寸前のマグの半目ショット↓
f0099367_1674946.jpg

いつもブサイクに撮ってゴメンネ。。。


★その4.
帰りしな、何か庭の花を貰って行こうと思ったけど、バラは終わりかけだしアジサイにはまだ早いし。
と、南国風のフシギな花を見つけたのでソレを1本もらいました。
f0099367_168985.jpg

ハハカズコに
“この花の名前なんて言うの?”と聞いたところ、
“忘れちゃった。アタシは『ハブラシ』って呼んでるけど。”
私“・・・。”
[PR]

by ayako-ko | 2009-05-19 16:55 | その他 | Comments(0)

ハーレムB.B.Qそしてオリジナル絵本

久々にmyブログ開いたら、今月コレが初ネタだとは・・・
牛歩でどうモーすいません。

5月の大型連休、皆さまゴールデンなウィークでしたか?
私は職場のボスが代わった影響で、テンヤワンヤに連日働いておりましたシクシク。

連休中の特記事項としては、旦那マネージャーさんがまたまたハーレムホリデーを過ごした事でしょうか。
今回は、職場の女子社員さん6人カレ1人で、河原でB.B.Qをしたそうな。
なんとバウムクーヘン↓に挑戦したとの事で、


f0099367_2014347.jpg

f0099367_202947.jpg

お土産に持って帰って来てくれました。(TG女子社員の皆さん美味しゅうございました!ご馳走様でした♡)

*_ _ _*_ _ _*_ _ _*_ _ _*_ _ _*_ _ _*_ _ _*_ _ _*_ _ _*_ _ _*

『第3回KFS創作絵本グランプリ』に応募していた私の作品が、入選しました。(キタナイ写真でスイマセン)
f0099367_2031035.jpg

f0099367_2033096.jpg

f0099367_2052931.jpg

f0099367_2055697.jpg

タイトルは『リップくんのバースデー』
[リップくんが誕生日当日に一人で淋しくしていると、仲間がそれぞれプレゼントを持ってお祝いに来てくれる]というあらすじデス。
初めてベニヤ板に描きました。
画材は色々で、絵の具や色鉛筆、ボールペン。あと樹脂絵の具というモコモコ盛り上がるペンも今回は使用しました。
ベニヤ板とモコモコ絵の具が面白い効果を出している作品となりました。
詳しくは7月のグループ展にて、皆さまにご覧頂く予定でおります。ドーゾヨロシク!
[PR]

by ayako-ko | 2009-05-16 20:57 | イラストレーション | Comments(0)