ヘイバヨーが好き

8月にしては、ずいぶんジトジトと雨降りの日々でしたネ。
先週末の夜、肌寒くて鍋ものを作ろうという事になり、また『手作りギョーザ鍋』やってみました。もちろん皮も手作り。
f0099367_1259642.jpg

今回は私の作った生地が柔らかすぎて、餃子成形担当のダンナさんがタイヘンだったみたいで、小龍包風ナベになってしまいましたw。
他の具材は、シイタケとネギと余ったタネの肉ダンゴ。あっさりした物が食べたかったので、他のオカズはモヤシナムル、甘酢しょうが、あと近所の絶品!おぼろ豆腐(遠くの人も車で買いに来るお豆腐屋さん)。
見た目は地味で簡素でしたがシミジ〜ミ暖まって満足しました。


ついでに昨夜の晩ごはん。
自分の仕事終わりで帰宅して、ダンナさんが帰宅するまでのジャスト1時間で作った一応全て手作りごはん。
f0099367_1303778.jpg

アジフライと山盛り千切りキャベツ
カボチャ煮物
浅漬け(大根・人参・きゅうり・茄子・キャベツ・ショウガ・ミョウガ・自家製シソ・細切りコブ)
モツァレラチーズとトマトとオクラのゴマ酢味噌がけ
沖縄もずく(ショウガ・きゅうり)
大根とミョウガの味噌汁
白米
そば茶
「モツァレラチーズとトマトとオクラのゴマ酢味噌がけ」は、今回初めての試みだったけど、意外と和風で美味しかったデス。良ければお試しあれ。


え〜、近所のシネコンで、ソレしか見られそうなのがなかったという理由で『ハムナプトラ3』を見て来ました。
f0099367_15151891.jpg

f0099367_1536321.jpg

シリーズ1と2を見ていたので、だいたい察しがついていて、コワガリの私でも安心して見る事が出来ました(4度くらい目を覆ったシーンがありますが)。
今回の舞台は中国、始皇帝と兵馬俑のお話という事で、昔大雪の中で一人『大兵馬俑展』を見に行った私としては、興味津々な作品でした。
全体的には、ハリウッド映画の野蛮さと稚拙さが滲み出ていたものの、始皇帝の遺跡を発見するシーンはコワコワドキドキ、面白かったです。



f0099367_15335452.jpg

今週末、夏の終わりの思い出旅行で北海道へ行ってきます。ダンナさんは初ホッカイドーです。
丘陵地帯なのでサイクリングをする予定。
[PR]

by ayako-ko | 2008-08-27 15:21 | その他

色と星

先週末のお話。
まずは地元の総合文化的施設の中の映像ミュージアムへお出かけしました。
8月末までの企画展がやってたので見てみる。

f0099367_1324832.jpg

f0099367_13243475.jpg
f0099367_13244854.jpg

座るとカラーが変化するクッションや、グルグル回すと七色に変化するライトなど、おしゃれで楽しい作品がイッパイ。
f0099367_1325486.jpg

ココには、精巧なミニチュアの映画撮影現場も展示されてて私好み。飽く事なく見入る。



その後、隣接の市立科学館にてプラネタリウムを見ました。
コチラも夏休みという事で、『銀河鉄道の夜』が企画上映されていた。
f0099367_13252895.jpg

そんなに期待しないでいたけれど、デジタル技術による立体映像で、臨場感タップリ。
人物は出て来ないので、自分がジョバンニの視点になったり。
アニメ的な色合いと音楽は、私はイマイチ。

次回上映のお知らせを見ると、こんな事が↓
f0099367_1349895.jpg

ちょっと気になる・・・。
[PR]

by ayako-ko | 2008-08-25 13:50 | おでかけ

私のオススメ〜生活編〜

今朝は過ごしやすかったので、甘酢ショウガを大ビンいっぱい仕込んだり、本を整理したり、丁寧に掃除したり、気持ち良く捗りました。
で、甘酢ショウガ用の新ショウガの皮を刮げている時思ったんですが、(コレは使える)と思ってる道具を一つ。
ショウガの皮を刮げるには、一般的にはよくスプーンを使うのが多いと思いますが、私は包丁の背を使います。これで強めになぞるだけで、新ショウガなら表皮がキレイになるし、薄く平らなので、スプーンより新ショウガのデコボコにも使いやすいかと思われます。一度お試しを。
ちなみに板カマボコを板から外す時にも、包丁の背を使うとキレイに出来ます。

もう一つは、ちょっぴりエコなこと。
ここ数年、本屋さんでのブックカバーを断って、代わりに自分でブックカバーを作り使っています。
ブックカバーを布や皮で作るのも良いのですが、私は廃品利用として、いらなくなったチラシで作っています。チラシと言っても、劇・ライヴ・美術展・映画などに行った時に貰ったりするチラシの事です。中には紙質が非常に良かったり、素敵なデザインだったりして捨ててしまうのが惜しいものもあるので、ひとまずブックカバーとして使うようにしています。
テープもノリもハサミも使わないのも作りやすい理由なので、その簡単ブックカバーの作り方を、チラリご紹介。

1.包みたい本より一回り大きい紙を用意。
f0099367_10464542.jpg

2.本の縦の大きさに合わせて上下の端を内側に折る(2、3mm余裕を持たせる)
f0099367_10471698.jpg

3.本を包んでみて、両脇のサイズに合わせて左右の端も内側に折る
f0099367_10475069.jpg

4.左右の折り込みの袋状になった所に、本の裏表紙を差し込む
f0099367_1048341.jpg

5.裏表紙を差し込んだ状態
f0099367_10482781.jpg

6.表紙も同様に差し込む
f0099367_10484972.jpg

7.完成
f0099367_10492097.jpg

8.お気に入りの柄で作ってみてください。
下段右端は自作イラストのテストプリントなので、よりオリジナル度がアップしたブックカバーなり☆
f0099367_9262519.jpg

[PR]

by ayako-ko | 2008-08-18 14:30 | くらし

おフジさん

間違った“夏のファンタジー”な写真を。
f0099367_1043779.jpg



え〜、最近読んだ本について忘れないうちに感想を記しておこう。
図書館で借りた本で、保守的な私にしては変わり種の、初めて読む作家の作品2点。
まずは武田百合子著『富士日記(上)』
f0099367_1033194.jpg

夫で作家の武田泰淳と、一人娘花(現在女流カメラマンとして活躍中)と愛犬ポコとの、富士の別荘で過ごす日々が綴られています。
読む前は「婦人が花を愛でながら優雅なティータイムを楽しむ」的な内容だと思っていたら、トンデモナイ。
百合子さん、山道をグイグイ車をかっ飛ばし、酒とタバコを呑み、『ばかやろー!』と罵声を浴びせる輩がいたら『ばかやろー!って言う方がバカヤローだ!!』と反撃したり(後で夫の泰淳さんにたしなめられる)。オソロシク気持ちが良い女性です。
文章表現の開けっぴろげさもスゴクて、『庭で転んで、あまりの激痛にオシッコが少し出た』とか、『(夫が目の前で交通事故に遭ったと思いショックで動けなくなった直後)、夫が無事に歩いて来る姿を見てワンワン泣いてたら、朝ご飯をゲーゲー吐いてしまった』とか。
自然に対する表現も、『タールを流した様にギラギラと湖面が光る』や、『外はナイフで切れそうな暗闇』など。
簡単な言葉ですがオリジナリティに溢れていて、美しくはないかもしれないけど、妙にリアル。


もう一つの本は楽しくオベンキョウという事で、
清水義範著/西原理恵子絵『どうころんでも社会科』です。このシリーズは他に理数系も有ったので、苦手なソチラをオベンキョウする前に、まずはコチラから読んでみました。
f0099367_1045978.jpg

清水先生による、普段の生活の中から社会科を探る目線と、全く関係ナイように一見思える西原さんの挿入マンガが、バランス良くて飽きる事無く読めました。
いわゆる教科書に載っている内容と言うよりは、自分が住んでる場所や旅した場所が、どういう経路を辿って現在に至っているのかナゾトキをする感じです。
偶然にも『富士山』についても書かれていて、「大昔は噴火が激しく、短い時は1〜2年で噴火を繰り返していた火の山で、そのうちの最も大きな3回目の噴火で現在の富士山は形成され、富士五湖も噴火によって現れた」そうです。
『富士日記』には、家族で本栖湖で泳ぐシーンがよく出て来たのでナンダカ話がシンクロして、両作品とも興味深く読めました。
[PR]

by ayako-ko | 2008-08-12 11:36 | その他

おばあちゃん、はじける!

★先日、某友人より「ブログの食べ物の話が好き」と言われたので、少し書いてみよう。
まずは我が家の定番『甘酢ショウガ』。
f0099367_1053592.jpg

大好きで、箸休めに、漬け物代わりに、食べまくっています。
つけ汁も、この間ノドが痛い時に飲んだらイイカンジでした。

★少し前の話ですが、天候不安定で雷雨がスゴイ夕方が、何日か続きましたよね。
買い物に行くタイミングが掴めず、ちょうど使い切りたい食材と、手間は掛けられる時間はあったので、家にあるもので夕飯間に合わせました。
f0099367_10542772.jpg

○太巻き寿司(桜でんぶ、厚焼き玉子、しいたけと人参甘煮、三つ葉)
○俵おにぎり(チリメンジャコと自家製青シソ入り)
○サラダ(レタスとトマト、カリカリベーコン、手製玉ねぎ漬け)
○和え物(ハンペン、塩揉みきゅうり、ワサビ漬け)
○味噌汁(トロロにコーンを混ぜて団子風に)
○上記の甘酢ショウガ
余ったお寿司とおにぎりを冷蔵保存して、翌朝フライパンで焼き温めて食べたのですが、ジャコおにぎりは良好、太巻き寿司は???って風味でした。



★県内の近代美術館で開催中の『丸木スマ展』に行って来ました。
f0099367_10552219.jpg

「おばあちゃん、はじける!」というキャッチフレーズの通り、70歳を超えてから絵を描き始めたスマさんの、81歳で亡くなるまでの700点以上の作品の中から、選りすぐりの100点あまりがカラフルに紹介されていました。
スマさんの長男さん、『原爆の図』で知られる画家の丸木位里に薦められて描き始めたそうで、日々の暮らしの中の植物や動物、野菜のモチーフが多く見られました。
私のお気に入りはコチラ『母猫』です↓。
f0099367_10553926.jpg

ねこ特有の、人間に対する緊張と信頼の距離感が良く現れていると思います。
彼女の絵を見て、教育とか美的センスとか、上手いとか下手とか、スゴク考えさせられました。

絵画鑑賞の後、併設されているイタリアンレストラン『ペペロネ』でランチ。
ダンナさんと私は、そんなにお腹が空いていなかったのでパスタランチを食べました。
日替わりパスタとサラダ、自家製パンと飲み物が付いて¥1000。の割には、全て美味しく得した気分。
体に良い食材を選んで使っているとの事だし、店の雰囲気も良くて“食事だけに来てもイイかも”とはダンナさんの談。
ダンナさんが、この日の自家製パン「玉ねぎのパン」をエラク気に入っていたので、帰りにお土産用にも買いました。
f0099367_1056662.jpg

(写真はランチコースメニュー/¥2000)
[PR]

by ayako-ko | 2008-08-11 12:01 | たべもの

メタボ?!ビートルズ

毎夏の恒例イベントへ、お誘いを受けて今年も行って来ました。
まずは、隣の○○市の花火大会。
f0099367_849087.jpg
f0099367_8492371.jpg

f0099367_8494210.jpg
川沿いの2つの街で競って打ち上げるので、10000発以上楽しめてお得。
毎年ですが、今回も会場近くの高層マンションお住まいの友人宅にお邪魔して、広々ベランダからジンギスカンB.B.Q&ビール片手に堪能させて貰いました♪いつもいつもゴチソー様です!
そしてココゾとばかりに、一年ぶりだったりの懐かしい人々との再会とおしゃべりをコレマタ堪能させて貰いました。皆さまアリガトーございました!
因みに「スターマイン」「スーパースターマイン」「スペシャルスターマイン」「ウルトラスターマイン」が有ったらしんですが、ドレがドレやら。。。




そしてコチラも恒例の、我が叔父がやっているビートルズバンドのライブを見に行って来ました。
知人友人家族などなどを呼んで、ワンマンライブを毎年1回盛大に行っているのです。
f0099367_850383.jpg

知り合いの息子さんが助っ人でメンバー入りしたものの、後は見事にオジサンでメタボかものビートルズバンド。演奏もややスローだし、見た目もオツカレモードのオジサン達ですが、聞いていて楽しいと言うイミではバッチリでした。
毎回思う事なんですが、出演者達よりお客さんがキョーレツなんです。いいイミで。
ダンナ曰く『ツインピークスっぽいよね』。
その言葉通り、一癖も二癖もありそうなカラフルなオジサンオバサンばかり。
そのオジサンオバサン達、ライブの最後はALLスタンディング&ダンシングというのも毎年恒例↓。

f0099367_8502016.jpgf0099367_8503730.jpg




ココは沖縄の民謡酒場か?!
[PR]

by ayako-ko | 2008-08-04 10:09 | おでかけ

8月です

〜〜〜〜〜〜〜〜猛暑お見舞い申し上げます。〜〜〜〜〜〜〜〜
f0099367_12252393.jpg

連日、猛暑が続いておりますね。関東は20日以上続いての真夏日だとか。
雨が降らないと困るし、降ったら集中豪雨だったりで困るし。

*・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*

先日は夫婦揃って平日休みが取れたので、暑気払いという事で、母カズコに鰻屋に連れて行ってもらいました。
食後は実家に寄り、畳の間で皆でゴロリとシエスタ(午睡)zzz。
ついでに愛猫マグロもzzz。
f0099367_12253851.jpg

コレはコレで、夏休みっぽくて良いものでした。
帰りに畑の野菜と、庭のヒマワリを少し持たせてもらいました。このヒマワリが、ゴッホの向日葵みたいでスゴイ花びらの層です。
f0099367_12273540.jpg

夏らしく、ガラスの器に貝殻と一緒に入れてみました。

*・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*・・・・*

カムカムミニキーナの『ダルマ』を観劇して来ました。
f0099367_12275237.jpg

(少し)有名どころでは、八嶋智人さん、やましげこと山崎樹範さんが所属している劇団デス。
今回は客演キャストなしの、ALLカムカム劇団員という事で、「西遊記」がベースになった話。時空を巡ったりダルマが関係してきたり、いつも以上にゴチャゴチャしていた内容。でも、いつもよりシリアス過ぎたかな・・・というのが私の印象。
だけど、、、とココでひと思い。
私の考える「いつものカムカム」が、既に「むかしのカムカム」なのかも知れない。
初めてカムカムを見たのは、1995年『稲妻定食』だから10年以上も前の話。
それからさんざん見て来て、出演者も観客の私も、その分大人になったのか。
劇中のシリアスと笑いの場面の後で、フト感慨深くなった久しぶりのカムカムミニキーナの『ダルマ』でした。
[PR]

by ayako-ko | 2008-08-01 13:28 | おでかけ