カテゴリ:その他( 90 )

お散歩ユルネタ集

私が住む町は東京下町寄りの郊外なので、昔の庶民的文化が意外と見られるように思います。
例えば銭湯や町工場が多かったり(急スピードで減少しつつありますが)、夏の神輿やお正月に獅子舞が神社にお目見えしたり。。。

と、言う訳で庚申塔のお話。
日本各地に観音様・地蔵様・猿田彦など色々なバージョンがあるらしいけど、わが町に多いのは『青面金剛(しょうめんこんごう)』と呼ばれるタイプ。とりあえず見つけた3像をご紹介↓。
f0099367_1353585.jpg

f0099367_13542567.jpg

f0099367_13544155.jpg

六臂三眼(6本の腕と3つの眼)で、明王系の恐い顔に逆立ったヘアスタイル。足下には邪鬼や、「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿がいたり、よく見るとドクロのネックレスをしている像もあり、そのバリエーションの豊富さに注目してしまいます。
この『青面金剛』像は、いわゆるお寺の仏像としてはあまり見掛けませんが、至るところに点在しているようです。わが町にもまだ沢山いらっしゃるようなので、これからも追跡していきたいと思います★

ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_

ココからはユルユル看板ネタを3つ。

まずはコチラ『あさっり』です。
f0099367_13554113.jpg

写真遠くてスイマセン分かるでしょうか。「あっさりヘルシー」ではなく『あさっりヘルシー』です。どんな味なんでしょうかネ『あさっりヘルシー』。。。

お次はコワイ字シリーズ。
その1

f0099367_13551273.jpg

都内の消防博物館の文字。赤色が効果的デス。

その2
f0099367_13555941.jpg

隣町の幼稚園でゲットしました。メルヘンチックな外装の幼稚園と不釣り合いでしたケド。

ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_○ー○_

あといくつ寝ると、たちまち6月です。6月には恒例のグループ展があります!ちゃっかり次の派遣仕事も決まりました。ソンナコンナで次回ブログもヨロシクです!
[PR]

by ayako-ko | 2010-05-29 15:46 | その他

王様と呼ばれて

髪を切りました。肩下まであったのをアゴ下くらいまでの長さにしました。
以前かけたパーマが残っているのでナンダカ王様↓みたいになってしまった。。。
f0099367_1653292.jpg



   ーーーー◆◆◆ーーーー◆◆◆ーーーー◆◆◆ーーーー◆◆◆ーーーー◆◆◆ーーーー


この12月は年末イベントのお誘いも断って、出勤日以外は家で描画している為ブログネタはナイのですが。
少し前に散歩で撮影したゆるネタがあったのでアップします。ユルいのでご注意を。

まずは『トリプルパーマ』です。
f0099367_16331765.jpg

『まつげパーマ』や『デジタルパーマ』は聞いたことあるけど、『トリプルパーマ』って何?ちょっとオマジナイぽくもある。

続いては、『しっかりしましょう』看板。
f0099367_16334762.jpg

「おかあさん しっかりしましょう 家庭のしつけ」と常識的なセリフにウンウン納得!なんですが、なんかヘン。字のバランスを『しっかりしましょう』。



次はフシギなお店を2つ。
『パンタバコ』と『とんかつ洋菓子』です。
『パンタバコ』
f0099367_16341957.jpg

f0099367_16344330.jpg

別にパン屋さんがタバコを売ってはいけないという事は無いけれど、この有りそうで無い組み合わせ。ワタシは初めて見ました。しかもタバコをプッシュしてます。

『とんかつ洋菓子』
f0099367_1635157.jpg

f0099367_1635193.jpg

『パンタバコ』屋さんの先にあるお店です。
『とんかつ洋菓子』の他にも『鉄板焼きとお好み焼き』まで!チラリと覗いたら、洋菓子は意外と本格的でこれまたナンダカナ。。。
[PR]

by ayako-ko | 2009-12-05 17:34 | その他

ゆるネタ集。

f0099367_9552646.jpg

〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜 残暑お見舞い申し上げます 〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜
お盆を過ぎたらナンダカ風が秋めいてきましたネ。でも暑いは暑いですケド。
そんな中、何の得にもならない日常のゆるゆるネタです。忙しい方はSKIPをオススメします。



〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜

先日、有楽町の地下道を歩いていたらアノカタに再会しました。
私が地味に追っかけている『自動靴磨き機』さんです↓。
f0099367_9555910.jpg

過去のブログで3〜4種類紹介したカタガタは、展示靴の種類が違ったり代わりに造花が飾られていたりと、それぞれ微妙に個性がアルのです。
因みに今回は、[隣りに観葉植物を置く]という90年代ドラマ風演出でした。

しかし、革靴も履いていない妙齢の女が『自動靴磨き機』を激写している様子は、通行人には奇異に見えるようで・・・毎回視線がイタイのよね。


〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜*〜〜〜〜〜


えっと、私の勤務先近くでさかなクンのイベントが開催されました。
f0099367_1023332.jpg

通勤時に何気なく地域掲示板を見ると、山本コウタロー氏の公開講座も同時期に行われるらしい。
f0099367_9561951.jpg

ふ〜ん、そうなんだ・・・
アレレ?!この二人・・・
ちょっと似てないか?!
f0099367_9564487.jpg

f0099367_957751.jpg

大きな分類では、二人とも筋っぽいヒラメ顔という事で似ている気が。
わざわざ比較する程の似た顔同士ではないけれど、せっかくのツーショットだったので、そんな偶然にとりあえずご紹介、したのでした〜☆
[PR]

by ayako-ko | 2009-08-17 10:46 | その他

またトシを取ってしまった。

一昨日はワタシの誕生日。
素敵な誕生日メッセージをくださった皆さま、ありがとうございました!
祝ってイイんだかと思いますよね。自分でもそう思います。それでもやっぱり、皆さんからの祝言に感激&感謝ですアリガトウ。

そして。
旦那マネージャー実家のお父様お母様より、長野からバースデープレゼントが届きました!
本当にいつもありがとうございます。
毎回長野の老舗『武井工芸店』の品で、今回は木彫りの印鑑入れ。そしてアンティーク調バッグ入りのポプリ。プラス、あの『ぐりとぐら』のグリーティングカード♪
f0099367_10235570.jpg

今回の印鑑入れ、イチゴの実と花が可憐に手彫りされていて、実は以前プレゼントして頂いた手鏡と同じシリーズなんです↓!
f0099367_10242068.jpg

周りから大好評だった手鏡なので、この印鑑入れもついつい持ち歩いてしまいそうです。キヲツケナイト〜。大変ありがとうございました!

それから。
旦那マネージャーからは、話題のアニメーション『GOLDEN EGGS』のDVDセットをいただきました!
f0099367_10244617.jpg

前々から注目していたんですが買う程ではナイと思っていたものの、最近なんだか、妙に、スゴク気になり出して・・・という事で私からリクエストしました。
やっぱり面白い。
旦那マネージャーさま、ありがと〜ございました!

       ◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○

チョット東京土産が必要だったので上野駅で物色していたら、『磯野家ファミリーケーキ』と言うのがあったので購入。平たく言えば、『サザエさんの人形焼き』といった感じでしょうか。

背面パッケージには『磯野家系図』なるものがプリントされていて、
f0099367_11374667.jpg

フネさんは静岡でマス夫さんは大阪出身という事や、ノリスケさんの奥さんタイ子さんの旧姓は「入江」だった事などトリビア情報が結構あって、意外と楽しめました。

ただひとつ問題が。
人形焼き一体づつ見ると、何のキャラクターなのか非常にワカリヅライです。
f0099367_10265556.jpg

一番手前右はタラちゃんですが、ナンダカが?!
[PR]

by ayako-ko | 2009-07-24 11:59 | その他

かなりの小ネタ集

梅雨と夏の狭間で、モア〜ッとした日が続きますこと。
そのせいか、頭の中も『・・・・・』思考停止。目にする光景も『・・・・・』です。


今週の水曜日からいよいよ銀座で【すぐそこにある不思議な世界】展始まります!
それに因んで(かどうかは定かではナイケド)、ひとあし早く[家の近くにある不思議な世界]をご紹介。
生ぬるい風をアナタに。

その1.
まずは、最近見つけたニャンコスポット↓
f0099367_9164341.jpg

仲が良いうえ、人なつこくてメンコイ。
と思っていたら後日チャーリーズエンジェルなみのスタントを披露してくれた↓
f0099367_91702.jpg

3匹いるのがお分かりでしょうか?
ニャンコって、なんだかあぶなっかしいトコによく居ますよね。
ヒヤヒヤ。


その2.
通勤などに通る度に気になっていた看板↓
f0099367_9172963.jpg

なんでこのフォント選んじゃったんだろう?
『あなたの知らない世界』みたいでコワイじゃない。
地下牢みたいな場所とかセムシ男みたいな助手とか妄想が加速してしまう。


その3.
最後はコチラ↓
f0099367_9175580.jpg

『仙太郎公園』です。ケンタロウではありません。
たぶん私有地を公園にと寄付したんであろう仙太郎。
見上げた人物だ仙太郎。
しかしナゼに仙太郎?
次は二宮金次郎みたいに、『働きながら勉学に励む仙太郎』って銅像が見たいな!


みなさまにお詫びとお願い.
コメント機能を『承認制』にさせて頂きました。コメントアップやお返事がお遅くなるかも知れず申し訳ないですが、もし良ければヤマノアヤコにコメントお待ちしています。
コレで劣悪コメントが防げると良いのですが。
[PR]

by ayako-ko | 2009-07-13 09:50 | その他

ちょっとユーモラス

お久しブログです。
f0099367_7582114.jpg


最近またコメント機能を悪用されつつあるので、残念ながらしばらくノーコメントとさせて頂きます。ご了承下さいませ。


さて。
「悪あがき」「中だるみ」を乗り越えて、イラストそろそろ完成です。
『DEATH NOTE』(前回myブログ参照)の影響か、いつもよりブキミなイラストになってしまった。。。
でもちょっとユーモラスでもある。と、思われる。
そんな現在製作中イラストは後日ココにアップする予定でおります。
どうぞお楽しみに!


先日会った友人が、北欧に旅行して来たとの事で、お土産をくれました↓。
f0099367_75725100.jpg

女の子の形をしたペーパークラフトで、組み立てると入れ物になります。
f0099367_757479.jpg

f0099367_758461.jpg

北欧らしい色合いで、女の子の表情がちょっとだけユーモラス。彼女には現在ペン立て入れとして活躍してもらってます。
Kyoちゃん、いつも面白いお土産ドーモありがと〜!
[PR]

by ayako-ko | 2009-06-26 09:18 | その他

たべもの・マンガなど

貰い物の立派なシイタケを、食べ切れなかったので干しシイタケにしました。
後は初夏の定番手作りの『甘酢しょうが』
意外と友人知人よりレシピを尋ねられるので改めて簡単にご紹介↓。
f0099367_2039412.gif

1.新ショウガをスライサーで切り、清潔な耐熱ビンの中へ(※包丁の背でコソげると新皮が上手く剥ける)
2.1に砂糖、お酢を入れる(※砂糖はお好み※お酢はビン半分くらい)
3.電子レンヂへ入れ600wで2〜3分(※液が沸騰しビンも煮沸出来たカンジ)
4.熱いうちにフタをし、逆さまにして冷ます(※ヤケドにご注意※液が少なくても徐々に水分が出て満たされる)

後は冷蔵庫で保存して、食べるときは清潔な箸を使えば1ヶ月位は大丈夫。染み出た甘酢液は、酢の物や寿司酢としても使えます。
因みに写真中央にある白い物体は最近の定番、ビニール袋で作る『ヨーグルト漬け』
以前は味噌を混ぜたりしてましたが、今はシンプルにヨーグルト・塩・コンブのみ。
最初はヨーグルト臭いですが、数日経つと乳酸菌の力でヌカ漬け風になります。ヌカ漬け代用としてオススメ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


田舎暮らしや手作りの食品に興味はありますが、思ってるよりヘビーなんだろうな〜と思ったのは『リトルフォレスト』というこのマンガ。
f0099367_2042027.gif
f0099367_2042254.gif

内容は〜〜都会に一度出て行った若い女の子が、また自分の生まれ故郷に帰って来てほとんど自給自足で悩みながらも逞しく生きて行く〜〜というカンジのお話。
作者自身も、都会暮らしから東北の田舎暮らしに移行した若い男性で、ケータイ電話の無い暮らしらしいから、マンガの内容の大部分はご本人の体験談だと思われる。
ジャムやパン、餅や米などはモチロン手作りで、ウスターソースや鴨肉の解体までマンガの中で行われていて自給自足のメリットデメリットが垣間見えます。もう手元に本がないのでウロ覚えですが、作中に主人公がこんな事を思ってました。“都会では知識や情報通を自慢している人がいるが、実際に見たり触ったり体験する事が自分はホンモノだと思う。
・・・マニュアル本やガイド本、流行に左右されてる都会人と、季節を感じながら試行錯誤して自然の恵みと恐さを体感している田舎の人、アナタはどちらの言葉がリアルだと思いますか?




もう一つの本はガラッと脱力系。でもお勉強系。
五月女ケイ子の『レッツ!!古事記』です。
f0099367_2044248.gif

古事記。興味はあって何度か挑戦したんですが、途中でチンプンカンプン?!だったり、読了しても覚えてなかったり。
でもコレはマンガで五月女ケイ子流にアレンジされていて、すごく分かりやすい。しかもそのアレンジが罰当たりなほど面白い。
伊邪那岐神(イザナキ)を追ってくる黄泉の国の使いの黄泉醜女(ヨモツシコメ)はパンチパーマの浪速のオバちゃんだし、
大国主神(オオクニヌシ)は『オオちゃん♪』、須勢理昆賣(スセリビメ)は『セリー♪』と呼び合うラブラブカップルとして描かれています。
※写真は天照大御神(アマテラスオオミカミ)と建速須佐之男命(タケハヤスサノヲノミコト)の登場場面
f0099367_20432482.gif
f0099367_20434347.gif

非常に大雑把で、後の方の神武天皇誕生ストーリーに行くに従ってパワーダウンしている感もありますが、予習&制作に3年かかったそうです。
そして五月女ケイ子さんはあとがきにこう書いています。「簡単にするというのは、難しくすることより難しい仕事でした。」
オフザケかと思うほど面白可笑しく、分かりやすく書かれた今までに無い古事記です。
って言うかホント、
『レッツ!!古事記』♪でした。
[PR]

by ayako-ko | 2009-05-27 15:25 | その他

ゆるネタ集

★その1.
前から気になっていたお店があります。
f0099367_163397.jpg

『らあめん と コーヒー』です。
『部屋とYシャツと私』みたいなこと?!
あっ!中華スープの油っこさをコーヒーで洗い流すのか、黒ウーロン茶みたいに。
・・・入る勇気はありませんでした。


★その2.
上記のお店に近いところで主張するプランターを発見↓
f0099367_1633698.jpg

私が “単に斎藤さんて家の私物だよ”と話しても旦那マネージャーは、
『さいとう』に訴えているんだよ!”と言って譲りません。
因みにコチラのさいとう(by吉田戦車)→
f0099367_1655367.jpg

だそうです。





★その3.
愛猫マグロを年に一度の予防接種に連れて行く為、先日実家に行って来ました。
診察室に入り、まずは先生が検診をしようとしましたが、すぐに聴診器を外して苦笑い。
「何かありましたか?」不安がって尋ねると、
「ノドがグルグル言ってて心臓の音が聞こえないねぇ。」ですって。
そうです、マグロは嬉しがっていたのです。
予防注射も自らオシリを差し出してたし。ヘンナコ。
帰宅後の入眠寸前のマグの半目ショット↓
f0099367_1674946.jpg

いつもブサイクに撮ってゴメンネ。。。


★その4.
帰りしな、何か庭の花を貰って行こうと思ったけど、バラは終わりかけだしアジサイにはまだ早いし。
と、南国風のフシギな花を見つけたのでソレを1本もらいました。
f0099367_168985.jpg

ハハカズコに
“この花の名前なんて言うの?”と聞いたところ、
“忘れちゃった。アタシは『ハブラシ』って呼んでるけど。”
私“・・・。”
[PR]

by ayako-ko | 2009-05-19 16:55 | その他

ムック2種

少し前の話ですが。
都内某所の雑居ビルで、フト看板を見たらヘンなキャラクターが↓。
f0099367_15184661.jpg

「フタ付き湯のみ」みたいだけれど。ダレなんでしょう。ナンなんでしょう。
店名とかないし、ラクガキという訳でもなさそうだし。
「?」だけど、作風がナンダカ『吉田戦車』っぽい。
と思っていたら、文藝別冊から『吉田戦車特集ムック』が出ていた。買ってみる。
f0099367_15191355.jpg

ご本人の写真も一杯載ってて、日記も結構載ってて、友人知人の寄稿文(マンガ)も盛りだくさんで楽しめました。
離婚して後に同業者と再婚した話や、ミュージシャン『椎名林檎』との対談もあったりと意外な一面も垣間見える内容でした。
言葉のセンスが良いヒトだなぁ〜と改めて思います。絵は上手いけれど相変わらず汗臭いカンジ(笑)。





「ユリイカ3月号」が『諸星大二郎特集』だったので、ホクホク気分で購入。
f0099367_152165.jpg

内容は、諸星さんへのインタビューから、他の作家から見た諸星作品評論、作風の傾向や効果や繋がりについてなど、ユリイカならではの深くて広い大活字世界で、満腹になりました。
意外だったのは、文学者や学者など専門家をも唸らせるスゴイ作家で作品絵の評価が高い事。そして昔に栄光があるだけでなく近年も尚期待されている作家だという事。
私は昔、中島らもさんが諸星作品が好きだという話を読んでトライしたんですが、周りの人で諸星大二郎を知っている友人はいないし、本屋にもあまりなくて(最初は古本屋で見つけた)、『昔の少年マンガ家』というイメージがずっとあったのでした。失礼ながら。
しかも最近は作品がドラマ化されたり、映画化されたり、メジャーな世界にも進出されて来ているのでワタシスコシサミシイ。
諸星作品は「ひっそりどっぷりアヤシイ」ままでいてほしいと私は思ってしまうのです。
そうそう、昔の諸星作品の舞台が、私の住んでる地方都市の事だと勘ぐっている記者文があったけど、真相はどうなんだろう?


ちょうど読み終わったので、追記。
上記の諸星作品(特に『妖怪ハンター』シリーズ)の影響で、民俗学に興味を持ち、こんな本を図書館で借りてみた↓。
f0099367_23123112.jpg

各項目2ページずつの、あっさりした内容だったけど、現代にも息づいている伝統儀式や迷信など分かりやすく解説されていて、楽しみながら学べました。
特にわらべうたの章が興味深く、
『とおりゃんせ』は、七歳まで子供の魂というのは不安定で神様に預けているが、七つのお祝いの宮参りによって、ようやく人間社会へ自分で歩き始める事を表している(だから「行きはよいよい帰りはこわい」)。
『かごめ かごめ』は、「囲め囲め」の意で、周囲が回転する円陣の中央に目隠しをして座る事によって「神がかり」的になり、シャーマニズムに由来する『占』としての意味もあったのではないか(だから「うしろの正面」が誰かを当てられる)。
決してこれらが正論とは思いませんが、一つの解釈としては面白いと思う。
そして、この本曰く『口避け女』も立派な民俗学のテーマになるらしい。。
[PR]

by ayako-ko | 2009-04-20 16:37 | その他

サスペンス風

過去のお出かけフォトデータを見ていたら、チョットくだらないアソビを思いついたので。


         【【【【【【京都長瀞殺人事件〜黒猫は死の香り〜】】】】】】
f0099367_18421839.jpg

「何だい、話って。」

f0099367_18423882.jpg

「あたし、アナタの秘密知ってるのよ。」

f0099367_18435821.jpg

(秘密をバラされたら俺の人生終わりだ・・・)

                  〜〜〜場面は変わって長瀞町の川下り〜〜〜
f0099367_18432076.jpg


f0099367_18434314.jpg

「こんな所に呼び出して、どうしたの?」
「今だ!突き落としてやる!」

f0099367_1844348.jpg

『ボチャーン!!』
「きゃぁぁぁぁぁ〜」
「はぁはぁはぁ・・・」

f0099367_18452937.jpg

「まず、気を落ち着けよう・・・」

f0099367_18492338.jpg

「ヒュ〜ドロドロ〜 うらめしや〜」
f0099367_18505432.jpg

「ぎゃー!!出た〜!」

f0099367_19194173.jpg

「黒猫よ、アイツを殺っておしまい!」

f0099367_18524978.jpg

「殺られた、ガクッ」

f0099367_19252638.jpg

「なーんちゃって♡」

                <<<<<失礼しました〜>>>>>
[PR]

by ayako-ko | 2009-02-03 19:22 | その他