カテゴリ:その他( 90 )

プチライトな手術入院〜退院後のハプニングまで



 *・゜゚・*:. .。. :*・ .。:. 。. .。.:*・゜゚・*


また手術入院して来ました。
今度は経験者も多い扁桃腺摘出手術です。
いずれした方が良いとは言われてたんですが、先日の検診時に(前回の手術をしてくれてからずっと診て貰ってる内科関係の)担当医に確認したところ「あ、スグ手術でも良いので今日このあと耳鼻科行って予定組んでくる?」と「チョット一杯やってく?」みたいな軽いノリで言われました(^_^;)
その日ワタシは祖母が亡くなってまだ1〜2日後だったので、さすがに次回(一ヶ月後)の検診時にして貰いました。

そんなこんなで手術可能日と事前検査、仕事との兼ね合いを鑑みてG.W.後に入院する事になりました。
入院日の翌日に手術、その後は案外経過良好で予定より一日早く退院しました☆


    *・゜゚・*:. .。. :*・ .。:. 。. .。.:*・゜゚・*


入院中のいろいろ


[その1:手術用マーク]

オペ前夜に、担当医が来て手術箇所の確認用にペンでマークをしたんですが口の横なので若干おふざけみたいです↓


f0099367_22163067.jpg



奈良時代のお化粧のよう↓にも見えなくもないし、
ワタシは気に入りましたけど。


f0099367_15294581.jpeg





f0099367_15293927.jpg




[その2:手術開始〜終了後]

オペ時間は麻酔の開始と終了の確認も含め全部で1時間くらい。
直後は全く声は出なかったものの3時間安静後に(ちょっとずつ)水も飲めるし食事も出ました。
他の人の体験記にあったような激痛はしていなく、ツバや水を飲み込む時は痛い感じ(スゴク扁桃腺が腫れてる時と同じくらい)。



[その3:病院食について]

他の人の体験記では皆さん流動食に近い物を数日間食べていたのでソレを予想してたら、術後すぐから普通に近い食事が出ました(^_^;)。
ex…術後すぐの食事→超アツアツ五分粥、硬めのケチャップオムレツ、固茹での青菜おひたし、超ヒエヒエジュースとゼリー…さすがに食べられないので慰めに旦那マネージャーに差入れして貰ったプリン食べました(T_T)
他にも大きめ野菜や、オレンジ、酢の物など毎日どSな病院食
でした。




f0099367_18330188.jpg




f0099367_15300090.jpg




[その4:術前予想〜術後現実]

オペ担当医が術前に「術後は”口”のなか全体が口内炎と思って下さい!」って予告したり、他の人の体験記を読んだりしてソレナリの覚悟(激痛ストレスに備えて一泊2万円の個室も一週間予約したり、ノドぬ〜るマスクや熱さまシートを予定日数分持って行ったり)はしてたんですが



f0099367_15293385.jpg

f0099367_15292638.jpeg



微熱が出たりシャックリが出たりはあったものの割とガマン出来る範囲でした。
術後3日目からは体力回復の為に筋力体操もするくらい気力体力余裕もあり、テレビ見るとか丁寧な肌ケアとかw、出来なかった&帰宅後出来ない事などしてました(^_^;)
入院迄がハードスケジュールだったせいかオペ前後の夜は思った以上にグッスリ眠ったり逆に夜更かし(コレも入院中しかムリ)もしました。



[その5:痛み止め薬]

退院時にバタバタしてて痛み止め薬の補充要望をウッカリ忘れてしまったものの、数日分とストック用の薬はあったのでコレで足りると楽観視してましたが、退院から数日後の方が痛みが辛く、特に朝食は流動食にしても辛いので病院へ痛み止めを貰いに行きました。
でもその後、仕事も始まり支障が出ないように痛み止め薬の効き時間を調べて自分なりに工夫したら食事も業務も何とかこなせるようになりました☆




[その6:退院時のQ&A]

退院時にノドの担当医に「スゴく喋る仕事(接客業)なんですがノドは大丈夫ですか?」と質問したら「どんなに喋っても大声もOKだけど、ノドを傷付けそうな硬い食べ物は一ヶ月位は避けて下さい。後は傷口が出血したらすぐに来院して下さい!」と言われました。




           *・゜゚・*:. .。. :*・ .。:. 。. .。.:*・゜゚・*



[その7:退院後のハプニング]

退院から2週間後の明け方に口中に溢れる感じの出血が!
喋ったり朝食も無理なので吸血鬼の口でハミガキして朝一で病院へ。

早朝から病院での待ち時間までの5時間位で出血は徐々に固まり始め受診時には薬が処方されソレで様子見るとなったけど、食後には口の中にたびたび血の塊が溢れ飲み込むのが気持ち悪い…親知らず抜いて結構な出血をした経験がある方はなんとなく分かると思いますが、気付くとノドの奥に生レバーの刺身がある感じというかソレが夕方まで続きました(-。-;

出血を全て飲み込んでたのが原因と思われるのですが、お腹も絶不調で夕方に強い貧血と体力衰弱(緊急外来を受診しかける勢い)に襲われましたが1時間くらい(横になると血が鼻に流れるので)座っていたら具合も徐々に回復しました。

ワタシは最近の採血データによると多血ぎみだったのが不幸中の幸いだったようです(^_^;)
(出血の原因はというと、大きなアクビを就寝中にしたのカナと思ってます)


              *・゜゚・*:. .。. :*・ .。:. 。. .。.:*・゜゚・*



そんなこんなありましたが、一ヶ月経った現在は好きなスパイシー料理や生野菜も普通に食べられるようになりました(^^)。入院&退院後は沢山食べられなかったので体重減量しましたが、ソレも戻りました。辛味&酸味&歯ごたえマニアなので、以前のようにmyワイルド料理をtryしたいと思います☆



    *・゜゚・*:. .。. :*・ .。:. 。. .。.:*・゜゚・*



[PR]

by Ayako-ko | 2016-06-15 18:42 | その他

10年経ちました。





f0099367_16334629.jpg




〜 この度の熊本地震で被災されました全ての皆様に心より哀悼の意と
お見舞いを申し上げます。
皆様の心が少しでも早く安らぐ事が出来ますよういつも思っております。 〜



  。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・・ ゚・。* 。 +゚。・* 



お久しぶりです。
皆様新年度を迎えいかがお過ごしでしょうか。
ヤマノアヤコは一応元気に日々を過ごしております。


<気が付けば2006年3月から始めたブログが10年経過していました。>



f0099367_16335560.jpg




10年前と比べるとパブリックもプライベートもカラフルに変わりました。
10年前は想像もしていなかったこと、一周回ってスタートに戻ったこと、見た目は変わって無いようだけど深部は全く違うこと…etc.。

ブログを書いている人も当時はまだ周りのSome of themという感じでしたが今やダレモカレモがSNSを通じて日々の事や思考を発信していますね。
ワタシもFacebookやTwitterはやってますし、ヘロヘロしたプチ内容の時はソチラを使ったりもしてましたが何だか自分には合わないようで、ほとんど開かなくなりました。

なので今後もブログでポツリポツリと近況や心境などを続けて行きたいと思いますのでどーぞヨロシクお願い致しますm(_ _)m




f0099367_16335534.jpg





  。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・・ ゚・。* 。 +゚。・*



さて。

近況はと言いますと…イロイロモロモロまたあったんですが、今回はこの一点のみで。

実家の長寿アイドルの愛する祖母フクさんが逝去致しました。102歳でした。
2月27日に亡くなり3月3日にお見送りをしました。
当日は快晴の雛祭り日和の中、皆さんから手向けられた色とりどりの花々に囲まれフクさんがお雛様のようでした。
式場にはフクさんが歌ったカラオケ演歌が流れ、悲しいんだか楽しいんだかバリ島か何かのお祭りのようで、とてもフクさんらしい会となりました。
フクさんの戒名も「福」という字と、遺族の希望で「寿」という字が入っています。



f0099367_17363202.jpg


↑実家のひ孫に寝癖をイタヅラされたフクさん


f0099367_17244736.jpg




フクさんは60代位まで笑顔がなく暗いお年寄りでした。昔のお婆さんでした。

でもその後は趣味や交遊やオシャレ等で見る見る若く可愛い女性に変わりました。

なので人は何度でも青春や若返りが出来るのだと思うようになりました。大事なのは気の持ちようだということも学びました。(プラセンタやらコラーゲンやらが悪いとは言いませんが)


ワタシの両親が鋳物工場をやっていた為、育ての親はほぼフクさんだったのでとても悲しい別れでしたが、フクさんとの別れは爽やかな淋しさと力強い生命力を感じました。
愛猫マグロの時も感じましたが、やはりこういうメッセージを残せるのは長寿でお別れした特権なのかもしれません。

今も天国で生前のように歌とご馳走とお喋りを楽しんでいることでしょう*‥・°*・:*‥


f0099367_17240560.jpg


↑プレゼントの女優てかがみを持つフクさん
(この時以来終始使ってました)


f0099367_16334281.jpg


        ↑旦那マネージャーとフクさん
      (お気に入りの男性なので満面の笑みです)


亡くなるひと月前の笑顔。
息を引き取る直前に言ってくれた言葉は「良かった良かった」でした。
いままで本当に有り難う。そして102年間お疲れ様でした!



  。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・・ ゚・。* 。 +゚。・。*




[PR]

by Ayako-ko | 2016-04-19 18:15 | その他

カコドクショ

過去読書です。

ブログに書きたい事は山のようにあるんですがなかなか文章打ちまで行けず…スイマセン(^_^;)
そんな中、以前下書きしてあった読書感想文が出て来たのでチラリご紹介します。

****************      ****************      ****************

「ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる」編者小出由紀子 (コロナ・ブックス)

f0099367_16385913.jpg


いわゆるアウトサイダーアートとして名高いダーガー。
身寄りが無く細々とした暮らしをしている気難しい男性。近所の住人は彼を疎んじてさえおり、何度か退去願いをしたとか。
そんな幸福や愛情という世界から見放された彼が見出した楽園が彼の死後に膨大な紙に描かれて発見された。

美しく希望に満ちた少女達。少年の性器が付いていて敵対する大人から時に戦いを挑まれ負傷したり処刑されたりする世界。
そこは青空に花畑だったりする矛盾。
彼の作品と彼の人生を深く知るのは初めてでしたが悲しく静かな強い弱者という印象でした。
…決して肯定感情は抱けない人物だけどワタシにとって気になる存在で居続けそうです。

****************       ****************      ****************

「味覚極楽」子母沢寛 (中公文庫)


f0099367_16375216.jpg


本名の梅谷松太郎で東京日日新聞社の記者時代に各界の著名人から食べ物に関する逸話などを聞き取り1927年(昭和2年)に同紙に連載発表した記事を編纂し出版した随筆集。

まずは出て来る人達が大物過ぎて。伯爵侯爵子爵社長、政治家家元歌舞伎役者、高村光雲、千疋屋主人、赤坂虎屋、亡命して来た印度独立運動の志士、宮内庁厨司人、ミツワ石鹸の実業家などなど名だたる人物が並びます。

…江戸料理とは自然の味を出して淡白に仕上げるもので、調味料を駆使するのは上方とシナ料理の影響だとか。
野菜でも豆腐でも生醤油で食べるのが美味という意見が多いのも当時らしく感じました。
さる増上寺大僧正の冷や飯に熱い熱い具なし味噌汁はちょっと美味しそうと思ったりして。

江戸前天ぷらは海老が華らしく、つゆと大根おろしで食べ塩は邪道とか。とにかく皆さん天ぷらとうなぎに一家言あるようで「海老とクワイを同じ鍋で揚げたからいけない」と文句を言う客の例え話にはビックリ。
次いで多くの方が鮨と蕎麦にこだわり持ちまくり。甘い味は無粋でパキッと生醤油の味付けが受けていたようです。
その他モダンという事で、味の素がもてはやされている時代でもあったようです。…以前味の素の初期の販売品をワタシも見たけど小さなガラス製の香水瓶のようにお洒落だった気がしました。太宰治は味の素をジャケットの胸ポケットに持ち歩いていたと、ある本に書いてあったけどソレが当時洒落ていたんでしょうね。

対談文の中には燕の巣やフカヒレは勿論、熊の手まで出て来て、多くの貴族にお抱えの料理人がいたりして。袁世凱お付きのコックの孫というコックも出て来て。対談相手の先代は張作霖から熊の手を送られた話しもありました。
千疋屋主人の果物の王はメロンではなく葡萄という話しだったのも意外な感じがしました。

印度独立運動の志士ボース氏を匿ったのが縁で新宿中村屋のカレーが誕生したのも面白いエピソードでした。(誕生秘話は新宿中村屋HPにてhttp://www.nakamuraya.co.jp/curry_room/room_01.html#top

高村光雲は上野の西郷さんの銅像を造った時に顔の資料が極めて少なくて苦労したという話もありました。

著者の子母沢寛は取材時いっさいメモを取らず聞き書きしたというからオドロキ。だからなのか、対談相手の皆さんもリラックスして話している様子が感じられる作品でした。


****************       ****************      ****************


f0099367_16422301.jpg


「日本人の知らない日本語」 蛇蔵&海野凪子 (メディアファクトリー)

2009年初版でワタシが借りた2013年版は第30刷発行という人気度。No.4まで出されてるようだし売れっ子シリーズになってます。

ワタシがなるほどと思ったことをザックリとまとめました。

なるほど1:「冷める」と「冷える」の違い…熱い→常温=「冷める」、常温→更に冷たく=「冷える」
なるほど2:「袖ビーム」…ガードレールの端の丸まった部分の名称
なるほど3:物の数え方…手袋は一双(いっそう)、便器は一据(ひとすえ)
なるほど4:「シカト」…元は任侠用語で花札の鹿の絵札(十点)がソッポを向いているから=鹿十→「シカト」

次は言葉も含め文化などで興味深い事を幾つか。題してワタシ(日本人)の知らない日本語と文化&海外の文化について

日本語:「頑張ってください」は本来目下の者を励ます言葉で目上の方には「お疲れの出ませんように」と言うらしい。そう言えば昔、大学の上品な初老の女性教授がエレベーターに乗る時「after you(お先にどうぞ)」って言ってたのを思い出した。こういう言葉がさらりと出る余裕を持ちたいものだわ。

海外文化:「中国・米国・仏国は「◯」→不正解、「×」(又は✔)→正解なので答案用紙の結果に混乱するとか。なのでゲームのコントローラも日本とコマンドが逆なんですって。

海外文化:「ロシアでのロシアンティーはジャムを紅茶に入れず、ジャムを舐めながら紅茶を飲むのが一般的だとか。

日本語:「〜です」「〜ます」言葉は江戸時代の芸者言葉を遊びに来た地方武士達が標準語と勘違いして広めたとか。因みに「〜ざます」は元々は花魁の言葉らしい。スネ夫ママはご存知ですかね。

日本語&文化:「榊=サカキがあるのは知っていたけどアレは神棚=神道用で、仏花には梻=シキミ(又はシキビ)と区別があるんですね。知らなかったです。。


以上カコドクショ感想文でした。
お粗末さまでした〜★

****************       ****************      ****************


[PR]

by Ayako-ko | 2015-11-19 16:11 | その他

ジェットコースター近況報告

ずいぶんご無沙汰しておりましたヤマノアヤコですm(_ _)m

このご無沙汰の間にも公私ジェットコースターは思った以上に続いていました。
薬の副作用による極度の免疫力低下で短期入院したり軟禁状態の日々を再び繰り返して気分⤵︎したり、退院後に浦島太郎状態のまま夏イベントの真最中の職場に復帰して身体へのヒヤヒヤと業務へのヒヤヒヤでコースターは⤴︎⤵︎⤴︎⤵︎。
夏が終わり身体も仕事も落ち着いて一安心したところで突然の実家の兄嫁の持病悪化、訃報で再び激しい⤵︎⤵︎⤵︎。天候不順もあり身体も少し⤵︎。
その後中学時代の同窓会、職場の懇親会と連日呑み会で楽しさは少し⤴︎しつつ直後が検診で内心ヒヤヒヤし⤵︎もしながらも検診結果は良好で、主治医からも太鼓判を押してもらい先日の義兄の結婚式でやっと気分⤴︎⤴︎⤴︎しました。

*・゜゚・*:.。..・*:.。. ・゜゚・**・゜゚・*:.。.*・.。.:*・゜゚・*

お義兄さんの結婚式は軽井沢の森の中にあるブレストンコートという所で行われました。
時はシルバーウィーク、天気は良好、場所は軽井沢、式場はブレストンコートというのがこんなに盛況だとは無知だったので驚きました…当日もテレビ取材が来ていて(たぶん旬の)アナウンサーとタレントが来ててお客様たちが静かにザワザワしてました。

ご両人の希望もあり親戚だけの落ち着いた雰囲気の式と披露宴でした。

f0099367_08265897.jpg

だからこそ、従姉妹の方からの弦楽四重奏のお祝いがあったり、(偶然にも当日が私達の結婚10周記念日と同日だったので)私と旦那マネージャーへの新郎新婦によるサプライズプレゼントが用意されていたりと、ホストもゲストも本当に心が通じ合う丁寧な印象深いものでした。


f0099367_16144971.jpg


唯一の兄の為に我が旦那マネージャーも頑張りました。
芸術系大学で映像や写真を勉強していた彼はお義兄さんから披露宴の写真撮影を頼まれるやいなや兄の為ならと張り切って専用カメラを購入、食事や散歩中も花やら虫やら猫やら私やらを執拗に撮り続けるパパラッチと化し、ほぼ毎日練習してました。
集中熱中タイプの彼なので披露宴当日も食事も後回しの勢いでご両人を撮り続け、夜にホテルに帰ってからもデータを見直し反省点などブツブツ言って最後まで大変ながらもとても充実した楽しさのようでした。

余談として当日の私ですが、訪問着を着る私の為にお義兄さんがヘアメイク・着付けの手配をして下さっていたので(有難うございました!)初めて結婚式専門のヘアメイクさんにして貰ったんですが(自分の結婚時は写真撮影だけで下町の美容院でヘアメイクして貰ったので)、ヘアもメイクも自分じゃしないタイプばかりで仕上げの鏡を見ると演歌歌手ヤマノアヤコが誕生していました。
旦那マネージャーと並ぶと本当に演歌歌手とマネージャーの巡業みたいで思わず皆さんに「新発売CD買って下さいね。」と言ってしまいました。

f0099367_16302552.jpg

そして結婚10周記念という事でついでに私達夫婦も皆さんが写真撮影して下さったんですが、その仕上がりを見て夫婦二人共通の合言葉は「これからは貫禄ではなく初々しさの強化!」。
…今回の新郎新婦がとても凛とした清楚さだったので余計にそう思いました(u_u)…

f0099367_16314202.jpg

TさんMさんご結婚誠におめでとうございます!
素敵なお二人の未来が幸多き事を心より願っております。いつまでも仲良くお幸せに*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

[PR]

by Ayako-ko | 2015-09-24 15:30 | その他

主食は野菜

お久しぶりです。
皆様いかがお過ごしでしょうか。日に日に暖かくなり春真っ盛りですね。花粉症の方々には厳しい季節ですね。

さて私の近況報告ですが、術後の最も感染しやすい数ヶ月が一応無事に終わり、体調管理が緩和され外部との接触も可能となりました。
許可が出た三月初めに自宅付近の軽い散歩から始め、現在は検診先の病院まで週一回約一時間徒歩で行っています。今月から週一回ですが短時間出勤もする事になり徐々に出勤時間と日数を増やしていく予定です。相変わらず感染予防のマスクは必須ですが。

外部接触可能となった途端、お世話になった方々へのご挨拶やご報告や友人知人職場との往復連絡、滞っていた買い物や諸々必要外部事項など季節と一緒でめまぐるしく動いている毎日です(まだまだスローペースですが)。
そんな訳でブログ上でのご報告が遅くなってしまいまして長きに渡りご心配をお掛け致しまして大変申し訳ありませんでした。スムーズに生活していくまでには、もう少し時間がかかりそうですが心身共に力が付いてきたのでご安心ください。皆様の温かいご支援に深く深く感謝しております。。。



*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。




さて前回ブログで予告しました退院後の私の食生活ですが術後の血液その他の検査データから考慮して、また退院時の病院食も考慮して、基本的に野菜中心の減塩食で脂質類・タンパク質・炭水化物少なめを心がけています。
毎食野菜サラダは食べてます。。。という食事を続けて退院三ヶ月後に食事指導の為栄養士さんに食べて来たメニューを見せたら「炭水化物もカロリーも不足過ぎる、これじゃ肥満度マイナス200%」と言われました。なので現在はもう少しカロリーや栄養のある食品食べてます。

旦那さんは普通食で良いのですが(何度も本人確認したところ)健康志向で薄味好きなので同様メニューで良いとの事だったので同じ物を食べています。
ただし量は私より多めでたんぱく質やその他栄養のありそうな品を数種プラスしています(栄養指導前から)。



*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。


<朝食>
お義母様お手製の鍋帽子で作り置きしている野菜スープとプレーントースト1/2枚と野菜サラダとチャイ(牛乳は少量)に果物がスタンダードスタイルです。
因みにこの朝のスープと野菜サラダとフルーツで10品目位食べてます。
f0099367_18064831.jpg

*(写真の頃は私はあまり運動していてなかったので朝のフルーツ無しにしていた)


旦那さんは全て私より1.5~2倍量でスタンダード食事に、プラス茹で卵と黒糖きな粉がけヨーグルトが基本です。日によってデザート菓子が付く事もあります。



*(コチラは旦那さん、この日はヨーグルトの代わりにプリン)




<昼食>
昼食は今のところ平日一人が多いので在宅だとこんな感じ↓

f0099367_18065451.jpg

朝のサラダを1.5倍量と焼き野菜とフルーツにタンパク質食品を1品。
現在はもう少し炭水化物とタンパク質食品を増やしています。
お菓子を食べたい時は昼食直後に食べて食事の炭水化物とタンパク質食品を減らします。




<夕食>

夜は主に野菜サラダと[蒸す・焼く・炒める]のいずれか調理をした野菜をたっぷり、それと魚(ときどき肉)メインが基本です。


f0099367_17525402.jpg


※(写真は牛肉ソテー、アボガド&たっぷり野菜炒めのせ)



ココから下は全て旦那さんの夕食写真です。
私の夕食はココからメインの分量を半分にして、汁物や副菜を抜いた形です。(ちょっとソレだと写真が淋しいので...)
本人が何度もそれで良いと言うので、旦那さんも夕食は炭水化物無しです(イモ類は食べますが)。
おかげで我が家のお米の消費量が激減してしまい長期保存する為にジッパー袋での冷蔵庫保存に変えました。



※(野菜サラダ、レンジ蒸し野菜、グリル焼きいわし、根菜チーズトマトスープ、紅茶)


蒸し料理をもっと楽しみたくて蒸篭を購入しました。食材がずっと温かく食べられるので花冷えの時期は重宝します↓

f0099367_17552939.jpg

※(野菜サラダ、せいろ蒸し野菜、グリル焼きつみれ・めざし・ピーマン、がんもと野菜の味噌汁、紅茶)


f0099367_17544187.jpg


※(野菜サラダツナ入り、グリル焼き野菜、せいろ蒸し金目鯛と野菜、納豆味噌汁、紅茶)


f0099367_17532465.jpg


※(野菜サラダ、グリル焼き野菜、せいろ蒸しアジ干物と野菜、けんちん汁、紅茶)


こんな感じで今年は過ごしています。
高カロリーな揚げ物やケーキなどは、毎週の検診時に血液検査があるので検査終了日の夕食や翌朝に食べる事が多いです。(旦那さんにはもっと回数多く食べて貰ってます)
我が家は現在主食が野菜なので、大人二人で一週間にキャベツとレタス各2玉、大根2本、人参10本、じゃがいもと玉ねぎ各2kgくらいを食べています。これが主食で更に多種多様な野菜も食べてます。そして私は茹で野菜と煮た野菜があまり好きではなく野菜そのままの味が好きなので、煮物にしたり冷凍したり作り置きしないので毎回買い出しが結構大変です。買い出ししてもすぐに消費してしまうし、ただ洗って切っておくだけの下ごしらえでもエンドレス作業です。。。
そんな中、少しでもラクしようと作り置きしてる食品を幾つかご紹介します。



*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。


<朝のスープ>

朝の作り置きスープ。野菜各種とウィンナー少し入ってます。
冬の間は食べ応え&腹持ち用にジャガイモやゴボウを入れていたんですが、暖かくなって来て傷みそうなので最近は実家の母お手製の切干し大根を入れたら美味だったので、たっぷり入れています。前はコンソメで少し味付けしてたんですが切り昆布を入れると良い味出しになるし食べ応えもあると発見しそちらに移行しマイブーム中です





<ヨーグルト>

甘いもののストックがない我が家ではヨーグルトの消費も多くなったので(主に旦那さん)、手作りする事にしています。


と言っても、週一の宅配で届いた市販ヨーグルトを使って嵩増ししてるだけですが。
...牛乳500ml程度を土鍋に入れ電子レンジで沸騰しない程度に加熱します(ウチではミルクあたため3杯分という設定)。そこに元菌となる市販ヨーグルトをレンゲで山盛り3杯位入れ固まりがなくなるよう混ぜて土鍋のフタをして保温します。
保温用の鍋帽子は朝のスープを保温している事が多いので、このヨーグルトもどきは底にコルクの鍋敷きを置いたバスタオルで包んでます↓。テーブルの上などあまり寒くない場所がオススメ。


f0099367_17543279.jpg

このまま一日置くとなんちゃってヨーグルトの出来上がりです。沢山できるのでサラダドレッシングにも使います。


<おからケーキ>

野菜は目一杯食べてもすぐ消化しお腹が空きます。そしてたまには甘い物も食べたい。市販品は油脂類も糖分もたっぷりだし...という事で食べたい時にすぐ食べられるお菓子を実験した結果、腹持ちの良いオカラを使って炊飯器で作る蒸しケーキがマイブーム中。
油分と甘味料不使用で準備&後片付けも最小限、作り方も混ぜて炊飯器スイッチを入れるだけと超シンプル。見た目はあくまで家庭用ですが。
f0099367_17540566.jpg


f0099367_17541909.jpg


作る時は炊飯器のお釜の中で直接やってしまいます。
だいたいですが材料は
卵1、強力粉大さじ3、生おから150g、豆乳or牛乳100ml、
りんご中〜大1/2(いちょう切り)、ベーキングパウダー小さじ2、
粉かんてん小さじ2、プレーンコーンフレーク20g
が基本です。
生おからをドライおから粉にする場合は豆乳or牛乳の量を増やしたりコーンフレークで濃度を調整したりします。見た目でホットケーキのタネ位の濃度になっていればOKです。


主食の野菜と、このおからケーキのおかげで夫婦揃って腸はかなり快調です。


<レンジプリン>

コチラは旦那さん専用デザート。私が卵をあまり食べないのでちょっと余り気味な時にプリンにします。コチラも自分が苦にならないよう作る行程を最小限に徹しています。

f0099367_17543695.jpg



まず耐熱ガラスに砂糖と水少しを入れレンジ加熱。カラメル状になったら取り出し冷やすため放置しておきます。その間に卵と牛乳と砂糖、バニラエッセンスで卵液を作り冷ましてから先ほどのカラメルの上に注ぎます。
それらを耐熱皿に置きレンジ庫内に置いたらお皿にひたひた位の水を張ります。
後は様子を見ながら加熱して出来上がり。あっという間にスが入るのでその前に取り出す為若干ゆるゆるプリンです。そして甘みも控えめなので底のカラメルの他に上から黒糖をかけて食べます。





<酢漬け>


f0099367_17550596.jpg

もう一つヘビロテしているのが『酢玉ねぎコンブ』。
ただ生玉ねぎとダシ昆布を食べやすい形に切って米酢に漬けて一日置くだけです。
調味料無しなのに旨味がすごくあるのでコレだけでドレッシングや和え物に使えます。酢の物好きの旦那さんも「これだけでパクパク食べられる」と好評でした。いつも玉ねぎ1個全部使って作るのですがすぐ無くなります。


まだ書きたい事もあるのですがこの辺で。
次回はいつになるか分かりませんが、私の日常もようやく動きだしたので何かあればまたブログをアップしたいと思います。
ある物の制作も計画しているのでそれが実行できたら報告したいとも思います。
今回もご訪問ありがとうございました。:*
それではまた。


*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。*。。。。:・*:`。。。




[PR]

by Ayako-ko | 2015-04-04 16:32 | その他

和ませてくれたモノたち



1ヶ月ぶりの更新です。

最近ようやく暖かくなって来ましたね。皆さまお変わりございませんか?
ワタシも今月末で術後3ヶ月経過となるので、今までの厳しい体調管理と感染予防が少し緩和される事でしょう。

この期間、心配性なワタシは入院中に病院で付けてた体調管理用紙を退院後は大量にコピーしてきて入院中と同様に細かく毎日記録していました(ここまでやる人なかなかいませんヨと看護師さん達に先日言われた)。外来受診時の検査データと自己の体調管理用紙記録でがんじがらめの3ヶ月だったと言っても良いくらい。。。
そしてこの期間は人にも会えず自宅療養だったので、する事と言えば家事と考え事ばかり。この二つは際限なくあるので3ヶ月そればかりだと、やはり息が詰まります。。。

と、この期間中の不満を書いた所で少し別のテーマに移ります。


:***::***::***::***::***::***::***::***::***::***:


入院中は体調、環境、先の事など不安ばかりの毎日でした。
特に不安症なワタシにとって熟睡するのは難しい事でした。不安を感じた時ワタシを助けてくれたアイテム達はコチラ↓
f0099367_15283356.jpg
まずは現代の文明利器、Macbookとiphoneです。これでネット&ネットショッピングも出来たしDVDも見たし記録データも作成出来たし色々便利に使えました。
iphoneだとコンビニでiTunes cardを購入して好きな曲を1曲からダウンロード出来るのも有り難かった。それで購入したいくつか↓

f0099367_15502254.jpg

仲道 郁代モーツァルト;ピアノ:ソナタ全集』
心を落ち着けたい時のクラッシック音楽、ワタシの場合は弦楽器より断然ピアノだったのを今回実感しました。その中でも仲道さんの奏でるピアノが心穏やかにしてくれました。

f0099367_15500918.jpg

f0099367_15500428.jpg

フォレスト リフレッシュ』
『自律神経にやさしいヒーリング〜特選30〜』
上の二つは「リラックス」「安眠」等で検索したら出てきました。「眠れる森」と「月夜の散歩」を1曲づつ購入。これを聞いて森林浴のつもりで深呼吸しながら軽いストレッチをしてました。こちらも両方ピアノ曲。



f0099367_07531710.jpeg
(画像は購入したアルバムとは異なるんですが曲から感じるワタシのイメージに近かったので)


ドビュッシー『月の光』              

ドビュッシーが好きなんですがとりわけ「月の光」を好んで聞いてました。オーケストラ版もあるらしいけど、やはりピアノ演奏の物がシンプルに心地よくてリピートしてました。



f0099367_15501736.jpeg


TMN『BLUE

なんだか懐かしいメロディが聞きたくなって昔のTMネットワークのバラード集や大江千里の曲もよく聞いてました。ただしナントナク恥ずかしいので他の人に知られないようにコッソリと。



:***::***::***::***:


f0099367_15282561.jpg


DVD

不安な時、余計なドキドキは欲しくなかったので既に知っている内容の物を所望してました。上記の昔のJ−POPのCDもソレですね。DVDもMyコレクションを旦那さんに持って来て貰って見てました。
写真はチェコのシュバンクマイエルの短編集。シュールレアリズム作品の為こちらは退院が見えて来た頃になってから鑑賞する事が出来ました。それまではディズニーのおとぎ話作品(アリス、眠り姫、アラジン、美女と野獣)やCGアニメのThe world of Goldeneggsシリーズなどハッピー&ラブリーな安心物語ばかり見てました。



:***::***::***::***:



f0099367_15281496.jpg




f0099367_15280529.jpg




f0099367_15280071.jpg


安房直子『遠い野ばらの村
柏葉幸子『霧のむこうのふしぎな町
柏葉幸子『地下室からのふしぎな旅



本も例外ではなくてやはり昔繰り返し読んだ作品を再度読み返していました。
もともとワタシは気に入った本を何度も何度も読むタイプなんですが、その中でも明るすぎず暗すぎない作品をこの時期は選んでました。上の3冊は児童文学ですね。この歳で読むなと言われそうですが、歳月を経たからこそ懐かしさや切なさも一入(ひとしお)です。再び読んで同じ作者の他の未読の作品も近いうち読んでみたいと思っています。





f0099367_15270488.jpg





細川智栄子『伯爵令嬢』
約30年前に読んだザ・少女漫画。手術入院時に読もうと古本屋で全巻大人買いしました。少女の頃は単純に感動していた名ゼリフや愛の言葉なども今読むと非現実的で新鮮です。花と夢あふれる乙女漫画。


f0099367_15272242.jpg


妹尾河童『河童の対談〜おしゃべりを食べる〜』
こちらは昔図書館で借りて面白かったのでネットで探して購入しました。
妹尾河童さんがまだ50代の頃の対談集です。
「おしゃべりを食べる」というタイトル通り対談も楽しみながら同時にその場の料理〜著者や対談者の手料理または対談に関係ある食事〜も味わうという滋味深い内容です。まだフジテレビが出来たばかりで「夜のヒットスタジオ」のセットも河童さんが担当してたそうです。他にもまだ料理家としてではない平野レミさんが旦那さんの和田誠さんと参加したり。
著者も対談相手も対談もバイタリティ溢れる充実した内容です。




f0099367_15271761.jpg


川崎ぶら・吉田戦車『たのもしき日本語』
コチラはハードカバーの作品を旦那さんが昔から持っていてワタシも愛読させて貰っていたんですが、療養中用に文庫版を探していたら旦那さんが見つけて買って来てくれました(なんて優しい旦那様^^)。
頼もしさを基準として日本語を五十音順に著者二人が気になる言葉を検証した本です。外来語も続編で付属されてます。真面目で不真面目で読み応えがあります。



f0099367_15272723.jpg




ドールハウスの雑誌たち
昔自己流で作ったこともあり本当は今も作りたいドールハウス。でも立体物は保管場所とか色々タイヘンなので諦めて、もっぱらこういった鑑賞だけに留めています。昔の日本のドールハウス雑誌は趣味の域を出ない軽い作品も多かったけど最近は世界に通用するような日本人作家さんも多くて目の保養になります。


:***::***:


ここからは新たに買い求めたり貰ったりした書物です。


f0099367_15271290.jpg


甲斐みのり『乙女の東京』
入院する前に友人Yちゃんがプレゼントしてくれた物。薔薇の咲きほこる古い洋館やレトロな喫茶店など、懐かしく愛おしい著者推薦の個人的名所が紹介されています。幾つか行った事のある場所も載っていました。
無機質なピカピカの建物より手垢の残るこういった建物が好きな私には、とても素敵な本でした。Yちゃん本当にありがとー♪





f0099367_15282024.jpg


つばたしゅういち・つばた英子『あしたも、こはるびより。』
こちらは入院してしばらくして余裕が出てきてからネットで取寄せたもの。
毎日を平凡に穏和に実直に過ごしている老夫婦の日常が沢山の写真で紹介されています。毎日を楽しく仲良く自作の衣食住で暮らし続ける…簡単そうに見えて実は難しいそんな暮らしに憧れます。
老夫婦と言ってもお二人とも非常に心も若くハツラツとしていて。
農作業で日々が過ぎていくので季節もとても感じられる良い本でした。




f0099367_15265694.jpg

松本英子『荒呼吸』
エッセイマンガです。たまたま違う作品を立ち読みしたんですが一気に虜になってしまいました。で、旦那さんにも薦めたら彼も気に入ったようでこちらの作品集をプレゼントしてくれました(なんて優しい旦那様←二回目)。
コチラただのエッセイマンガと思って読むと立ちくらみするほど情報量の多い濃ゆい内容です。これも術後に余裕が出て来てから読みました。





***::***:



番外編その1


f0099367_15273223.jpg


韓流アイドル『VIXX
ファンになって一年経ちましたが、まだ細々とハマっています
も気になった時気になったグッズを少し買う程度です。
彼らの最近の作品はダークな物が多かったので、入院中はあまり見れなかったけどひっそりと応援してました。


***::***:



番外編その2


f0099367_21345950.jpg
f0099367_21351785.jpg
f0099367_21352129.jpg



こないだ作った『ミニおひな様』


先日突然おひな様を飾りたくなったのです。
でも実家に取りに行く訳にも行かず、さして体力もない現在なので即席でお内裏様とおひな様を作りました。
作る労力と飾るスペースを考慮して手のひらサイズです。顔と冠と持ち物はパールビーズで、前に置いてある花の置物はピアス、台座は昔貰った小箱、周りに巻いてある花飾りは10年前にウェディングパーティーで自分の頭に飾った物です。


:***::***::***::***::***::***::***::***::***::***:


やっと少し余裕も出来て来たので次回は自宅療養中の食事でも載せたいと思っております。スイマセンこの3ヶ月間、自宅がマイワールドだったもので・・・この期間ある思いからワタシの主食は野菜でした。
詳しくは次回に。


:***::***::***::***::***::***::***::***::***::***:


[PR]

by Ayako-ko | 2015-02-24 22:51 | その他

退院と自宅静養、入院中のことなど

ご無沙汰しておりました。
前回のブログ更新より早くも二ヶ月近くが過ぎ、年越しも終え新年もかなり過ぎてしまいました。


・:*。〜 皆様寒中お見舞い申し上げます。一年で最も寒い時期なので風邪などひかぬよう、どなた様もご自愛下さいませ。〜・:*。


前回ブログで予想していた通り、現在は退院して自宅静養中です。
まずはココに至るまでの経緯を簡単に残しておきたいと思います。


実は前回のブログで「経過順調」と書いた数日後に手術箇所に激痛が起き、入れてる排液用チューブからも多量の血液が排出されてしまい、何度か輸血と止血剤の点滴治療も行われ五日間の絶対安静が命じられたのでした。
そこから連日CT確認し安静解除の後に再度出血が進まなければ退院と言われました。
しかし出血はしてないものの、なかなか残血がなくならなかったので通常なら術後一週間で外される傷口の排液用チューブを私は三週間付けることに…。
自分の予定より長引いたので最終週は個室から団体部屋に移動しました。部屋の皆さんも良い雰囲気だったし、窓際ベッドだったので毎朝日の出を浴びて活力を貰っていました。


f0099367_15175889.jpg




そして最終CT確認により退院許可が下りたのはX'masイブ。
窓の外にはイルミネーションも飾られている時期になっていました。



f0099367_15182342.jpg




退院の数日前に病棟の看護師さん達によるサプライズイベントもありました。
X'masイベント始まりの放送が流れ全病室が一時消灯され、キャンドルを手にした看護師さん達がクリスマスソングを歌いながら病室内の患者さん一人一人にプレゼントを配ってくれました。




f0099367_15181959.jpg




入院という娯楽のない生活の中で、患者さん達は皆さんとても素直に楽しんで喜んでいたので私もナンダカほっこり楽しむ事ができました。
いただいたプレゼントは予想より立派な品で、ほんとサプライズでした。



という訳でトータル約六週間の入院生活でした。
退院してすぐX'masと年末年始だったので世間のスピードに付いて行く事が最初はできませんでした。
帰宅したら旦那マネージャーがお祝いメッセージを掲げていてくれました↓



f0099367_15171539.jpg
*歴代の二人の飼い猫が「お・か・え・り」と迎えてくれています*
お祝いに花束をと思ってくれたらしいけど衛生面で今の私にはNGと言う事で、お手製サプライズしてくれました。
本当にどうもありがとう、旦那マネージャー!!
長い事一人暮らしさせて、アッシーやパシリにして、全面的に支援してくれて、本当に素晴らしい旦那様です。最近はワタシの守護神という意味を込めて、お釈迦様と呼んでおります。




f0099367_15172176.jpg





↑コチラは今年のお正月。
買い出しに行く事が出来ないので生協宅配と、旦那マネージャーご実家から送っていただいた保存食(ありがとうございました!助かりました!)や、ワタシの実家から貰った野菜や煮物などで必要最低限にお祝いしました(作ったおせちはリンゴきんとんとラディッシュ甘酢漬けくらい)。今年はお正月飾り用の緑や花も無いとてもシンプルなお正月になってしまった。






さて、退院はしましたが細かく厳しい自己管理と感染予防生活の毎日です。手術後の数ヶ月間が服用薬の影響が一番出るため、今のワタシは普段なら何でもない雑菌でも一大事になってしまうのです。
なので朝起きてから夜寝るまで常に自分の体調管理記録をつけています。体温・血圧・体重・飲食物&量・トイレの回数&量・etc...退院して一月初め頃までは神経症的に強迫観念的に記録内容ばかり気にしていましたが、ようやく今は心に余裕が見えてきました(それで、こうしてブログアップする気にもなった)。
それでも少なくとも術後三ヶ月は何か起こりうると先生や看護師さんから脅されているので気は引き締めておかねばなりません。
今のところ外出は週一回の外来日のみ、後は家で大人しくしています。




f0099367_15310273.jpg


次回もしブログアップ出来るとしたら、入院中に私の不安を和らげてくれたグッズを少しご紹介したいと思います。外的出来事との接触が無いため内的要素の強いブログ内容が続きますが、もし覗いて頂けたら幸いです。ではまた。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

[PR]

by Ayako-ko | 2015-01-25 16:53 | その他

活動一時休止のお知らせです

大変ご無沙汰しておりました。
ヤマノアヤコです。

実は今年の春から体調不良が色々ありまして、6月のグループ展前後にも入退院を繰り返しておりました。
そんなこんなで心身共にすっかり弱ってしまい、先に進む為にも手術するしかないとなり、今は入院中です。

11月の中旬から入院、ちょうど一週間前の11月28日に手術をし、ICUで数日過ごした後で現在は手術前にいた個室に戻って来て経過観察中です。
まだまだ痛みもありますが、おかげ様で手術後の経過は順調です。

今回の手術で初めて全身麻酔をしました。
手術前に渡される心得パンフレットには知らない事がいっぱい書いてありました。
f0099367_13521903.jpg
例えば全身麻酔中は血流が滞りやすいので加圧ストッキングを履くとか、呼吸も正常には行えなくなるので下の呼吸器トレーニング機械↓を購入して自主トレしておくだとか。
f0099367_13511286.jpg
ところでこの機械、構造がしごく単純そうなのに一つ¥3500もするんですよ。ちょっと暴利だと思っちゃいました。

それはさておき。

手術後の今は頸動脈にチューブが入っていて、そこから点滴を数種類したりしています。
f0099367_13524337.jpg


あとはお薬を大量に飲んでいます。これはほんの一部で毎回組み合わせや数量が変わるので覚えるのが大変です。
f0099367_13512344.jpg


あとは手術の影響で免疫力が極端に下がっているので、対人時のマスクや手洗いうがいは神経使ってます。

入院してもうすぐ一ヶ月となります。
部屋の窓から見える風景もすっかり冬めいて見えますが、私の部屋からは少しだけ富士山のてっぺんが見えるので快晴の日は元気をもらってます。

f0099367_13513432.jpg
f0099367_13512935.jpg
右側にちょっぴり見えているのが富士山です。


と、言う訳でしばらくは中途半端に他の事は行わず体力回復に専念したいと思いますのでイラスト関連の活動も一時休止させていただきます。
退院後も少なくとも三ヶ月位は自宅療養の予定で基本面会謝絶となっております。

退院して何かネタがあるようなら、そして自分に余裕があるようなら、ブログはアップしていきたいと思います。

もしご質問やご意見などございましたら、こちらのコメント欄もしくは私のモバイルメールアドレスをご利用いただければと思います。可能でしたらご返信させていただきます。

〜皆様、ご理解のほど宜しくお願い致します〜



[PR]

by Ayako-ko | 2014-12-05 15:29 | その他

PCメール連絡に関するお願い


☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*

現在引越し作業中なんですが、諸事情によりPCメールアドレスを変更する事になりました。
なので名刺記載のメールアドレスは既に使用不可になっております。
ワタクシへメール連絡等ございましたら、コチラのブログコメントに残していただくかモバイルのメールアドレスをご利用いただければ有難いです(ブログコメントは一般公開避けられますのでご安心下さい)。

m(_ _)mご迷惑とお手数をお掛け致しますが何卒ヨロシクお願い致しますm(_ _)m


新しい名刺とPCメールアドレスは出来次第皆さんにお知らせしたいと思います

☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*:.。. o☆*
[PR]

by ayako-ko | 2014-01-20 18:57 | その他

黒い森の奥底のメルヘン

図書館で借りて来た本「エプロンおじさん」

f0099367_10584114.jpg

著者は別の方(女性)ですが、料理研究家の牧野哲大さんの半生を料理と共に綴った本です。
f0099367_112239.jpg



牧野氏は、戦後日本女性達の美文化の代名詞とも言えるアノ中原淳一に見出され料理の道に進んだ日本初の男性料理研究家で西洋文化に詳しく人形製作もされているそうです。

たまたまNHKの料理番組再放送で、物語の世界をテーブルコーディネートしていた牧野氏を見たワタシ。
その料理と食器の使い方の艶やかさとメルヘンチックさを見て即ファンになりました。
f0099367_23355150.jpg

f0099367_23352675.jpg

(※以上写真全て上記著書より抜粋)

物腰のやわらかい態度に反してそのおもてなし料理に対するプロ意識の強さに(ただ者じゃないな)
と当時思ったワタシですが、今回中原淳一さんの名前が出て来て合点しました。


〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*


話しは少し変わって、先日ワタシの敬愛する作家のまつくらくみさん、さかうえだいすけさんのお二人が参加されてるグループ展に行って来ました。

f0099367_11125593.jpg


場所はワタシも6月にお世話になった銀座のミレージャギャラリーさんです。
『夏のおもいで 〜秋のおとずれ』というグループ展タイトルにピッタリの色合いで、ほっこり和み系の作品が多かったです^_^


まつくらさんの作品は元気でお茶目な雰囲気の動物がいっぱいいて見てるワタシまで元気をもらえる感じでした。ご本人もパワフルでいつも頼りになるお姉さまですアリガトーゴザイマスm(_ _)m

f0099367_17313460.jpg

(まつくらさんの作品紹介のチラシをいただいてきました*)



そして思わず里親を申し出た、さかうえさんの陶芸作品⬇
f0099367_1734279.jpg

掌にチョコンと乗るくらい小さなニャンコ2匹。
しかも白黒ニャンコの背中はハートマークという可愛いさ。
f0099367_17362110.jpg


お二方を含めグループ展の皆さん全員バリバリにプロフェッショナルなアート作品のお仕事をされてる方々なんですが、ペーペーのワタシにも優しく接して下さって作品同様ぬくもりある楽しいグループ展でした。


〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*〜:*


料理家牧野氏やイラストレーターのまつくらさんやさかうえさんのように、柔らかくて暖かい作風はワタシは持ち合わせていないけど自分の根底にはメルヘンな世界が横たわっているので、御三人の作品を垣間見る事が出来るのはとっても嬉しいです!
ただ、ワタシのメルヘンの世界の周りには鬱蒼とした森や奇妙珍妙な生き物達が潜んでるようですが。。。
[PR]

by ayako-ko | 2013-09-26 23:47 | その他