ダンナのカレ・・・

ではなく、『ダンナのカレー』です。失礼しました。

でもその前に、まずは演劇のハナシから。
先日、渋谷Bunkamuraで行われていた『どん底』を観てきました。
マクシム・ゴーリキー原作、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出です。
f0099367_2030574.jpg

ケラさんの劇は初めて。
重いと聞いていたので覚悟してたんですが、今回は古典作品だったせいか私の苦手な現代劇風残虐シーンがなく、安らかに観る事が出来ました(もちろんロシア物特有の暗さ重さはアリアリでしたが)。
一緒に観たダンナさんとの共通の感想は“役者の力量の差が激しかった”と言う事、そして“緒川たまきは可愛い”でした。

帰りにBunkamuraの本屋NADIFF MODERNで、素敵な絵の本を見つけたので購入。
f0099367_20331842.jpg

まだ全部見てないんですが、半透明の紙に
f0099367_2033415.jpg

f0099367_20343567.jpg

綺麗な色で描かれた絵が透けて、ロマンティックに綺麗です。これからゆっくり味わって読むのが楽しみデス。

ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー

さてさて、『ダンナのカレー』です。

本日は私が仕事、ダンナさんは休み。だったので、作ってくれました「タイ風グリーンカレー」。
“今年はカレーを極める!”と宣言、カレー本を熟読していた今日この頃、いよいよ有言実行となりました。
f0099367_2032071.jpg

「タイ風グリーンカレー」は強火で短時間で作るのがコツだそうで、数十分で作ってくれました。
f0099367_20321448.jpg

これがナカナカドーシテ、美味しかったのです。とっても。
ココナツミルクのコクと青唐辛子のスパイシーさ、濃すぎず薄すぎず、誠に食べやすい。
という訳で、彼の得意メニューNo.1に決まりました。ご馳走サマ〜&ゼヒまたヨロシク〜♪
[PR]

by ayako-ko | 2008-04-27 21:32 | たべもの