ブログトップ

ヤマノアヤコの『ロマンティック・アンティック・エキゾティックワールド』

◆皆様へお詫びとお願い…ただいまヤマノアヤコのイラスト活動を一時休止しております。ご迷惑をおかけ致しますがご理解宜しくお願いします。


by Ayako-ko
画像一覧

江戸庶民からジプシーまで

f0099367_22284466.jpg

お久しぶりです。ヤマノアヤコです。
やっと一息つける気候になって参りやしたですね。
旦那マネージャーが大好きなバンドが来日公演するというので、会場に行く前に気になった場所を都内散策して参りやした。


     ><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・




まずは開催中だった『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技を目当てにMOT(東京都現代美術館)へ行ってみました。
f0099367_22544468.jpg

・・・が、行列のうえ待ち時間1.5時間などと表示してあるものだったから夫婦協議の結果あきらめました



     ><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・




MOTから逆行しながら近くの深川の街並をブラブラ。下町情緒と新しい趣味のお店が混合していてこじんまりとしていて楽しい。
道中で見付けた深川江戸資料館に興味を持ち突入。
それほど大きな期待をせずに入館したのですが入ってビックリ↓
f0099367_22543787.jpg

小規模ながら実物大の江戸の町が再現されていました!
細部もリアルに細工されていて、多くの小道具もお触りOKだったので臨場感たっぷりで楽しめました。
f0099367_22543260.jpg

↑八百屋。新鮮な野菜のほか、漬け物や卵など他の食べ物も売っているので今で言うスーパーマーケット?

f0099367_2254247.jpg

↑天婦羅の屋台。近くの海川で採れた魚介なども揚げている様子。

放映されていたメイキングビデオによると昭和64年頃に造られたらしく、時代考証も念入りに行い貴重な瓦や小道具、職人などを探し出して当時の家屋を再現したそうです。
屋根の上には猫がいて、時間ごとにニャ〜と鳴いたり、実に細かな演出がされています。
一見の価値あり!


     ><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・




上記の深川江戸資料館のすぐ近くの清澄庭園にも寄ってみました。
f0099367_2153293.jpg

江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡という言い伝えや関宿の城主・久世大和守の下屋敷だったり、その後岩崎弥太郎が買い取りのちに明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」となったそうです。
関東大震災や大空襲時には避難場所として多くの命を救ったらしいです。

f0099367_2254179.jpg


江戸資料館でコジンマリした庶民の暮らしを見た後なので、その違いに素直に感動出来なかったワタシ。全国各地から取り寄せたという名石珍石も中国の悪名高い花石綱を連想してしまいました。。。




     ><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・




さてこの日のメイン・イベントは、すみだトリフォニーホールで行われた究極のジプシー・オーケストラ

f0099367_22552211.jpg

出演はタラフ・ドゥ・ハイドゥークス/コチャニ・オーケスター/クイーン・ハリシュの3組です!

旦那マネージャーが愛してやまないタラフ・ドゥ・ハイドゥークスはルーマニアのジプシーバンドで、メンバーは30~70代。「BBCワールド・ミュージック・アワード」も受賞している実力派で映画出演からパリコレなど幅広い方面で活躍しているらしい。

この夜のライブはワタシが今まで体験したどのライブとも違い、理論や高名や地位など一切必要としないしむ』イベントでした。
特にタラフ〜の皆さんは、音楽が聞こえたら自然に歌い、奏で、それはまるで小川が沢山寄せ集まって大きな渦潮になるようなダイナミックさで、ワタシも心地よく赴くままに流されてみました。

彼らのライブの詳細は→コチラ
因みにこのライブ模様は、WOWOWライブチャンネルにて11/27に放送予定だそうです。



ところで。
終演後のロビーで興奮冷めやらぬ出演者と観客がおまけライブで盛り上がっていました↓
f0099367_22551521.jpg

とっても気さくで明るい彼らはファンの要望に応じてサインをしながら、自分たちの楽器を格安で売っていましたw
f0099367_2151819.jpg

台風の吹き荒れた夜でしたが帰途につく我々の足取りは軽やかだったこと♪


     ><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・><・

[PR]
by Ayako-ko | 2012-10-07 23:30 | おでかけ